暗黒街の女(1958)

あんこくがいのおんな
上映日
1959年6月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル ラブロマンス

ここが見どころ

「にがい勝利」のニコラス・レイ監督がアメリカに帰って作った、ミュージカル的要素を加味したラヴ・ロマンス映画。禁酒法時代のシカゴ暗黒街を背景にして、中年の弁護士とショウ・ガールの物語が展開する。レオ・カッチャーの原作を、「バラの肌着」のジョージ・ウェルズが脚色し、撮影を「縄張り」のロバート・ブロナーが担当。音楽はジェフ・アレクサンダー。主題歌“パーティ・ガール”をサミー・カーンが作曲、ニコラス・ブロドスキーが作詞している。出演するのは「絹の靴下」のシド・シャリース、「ゴーストタウンの決斗」のロバート・テイラー、「拳銃の罠」のリー・J・コッブ、ジョン・アイアランド、クレア・ケリー、コリー・アレンら。製作ジョー・パスターナク。ジョン・アイアランド、クレア・ケリー、コリー・アレンら。製作はジョー・パスターナク。

「暗黒街の女(1958)」のストーリー

1930年代のシカゴはギャングの街だった。暗黒街のボス、リコ・アンジェロ(リー・J・コッブ)のパーティには、100ドル貰って踊子たちが召集されていた。リコの経営するキャバレー、ゴールデン・ルースターの踊子ヴィッキー・ゲイ(シド・シャリース)もその1人だった。席上、リコの子分ルイにからまれそうになったことから、ヴィッキーはリコの顧問弁護士トミー・ファーレル(ロバート・テイラー)に、家まで連れ帰ってくれるように頼んだ。こうして、踊子ヴィッキーと、足の悪い弁護士トミーは知りあった。ヴィッキーの部屋で、トミーは彼女にパーティ・ガールとして金で誇りを売ることの愚かさを責める。トミーは折からルイの公判弁護を受けもっていた。彼は法廷で、自分の足を強調し、術策を弄して陪審員の同情を集めルイを無罪にした。そんなトミーを、ヴィッキーは、自分が誇りを売るのと同じ行為だと言って責める。トミーとヴィッキーの心は、次第に接近する。ヴィッキーはトミーの口ぞえでクラブのスターになった。しかしトミーには、別居しながら離婚を承諾しない妻がいた。トミーは足を治療するためにストックホルムに発ち、手術を受ける。彼の電報でヴィッキーはストックホルムに直行し、2人は楽しい日を送る。そんな中、リコからの急の電話で2人はシカゴに帰る。リコはトミーに、新しい相棒で狂暴なギャング、クッキー(コリー・アレン)の弁護を強要した。もし断ると、ヴィッキーの顔に硫酸をかける、とトミーを脅しつけ。一方その頃、政府はジェフリー検事(ケント・スミス)に徹底的なギャング追放を命じ、捜査が始まった。リコは事実を隠すためクッキー一味を射殺する挙に出た。トミーは当局に逮捕され、一切を告白。その後トミーは単身リコの本拠に乗り込み、得意の弁舌でヴィッキーに硫酸をかけようとするリコを前に時間をかせぐ。そして警官隊が到着し、リコは自ら硫酸を浴びて死ぬ。トミーの妻は、彼への離婚を請求してくれた。こうしてトミーとヴィッキーの未来には、新しい活路が今まさに開かれようとしていた。

「暗黒街の女(1958)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「暗黒街の女(1958)」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1959年6月20日
製作会社 M・G・M映画
配給 大映
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「暗黒街の女(1958)」のみんなのレビュー

「暗黒街の女(1958)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。