天使が降りたホーム・タウン

てんしがおりたほーむたうん
上映日
1990年5月26日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

少し頭の弱い男と人間不信の女が、旅を経て心を通いあわせる姿を描くロード・ムーヴィー。製作はモーリッツ・ボーマンとジム・キャディ、監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はパトリック・シリーロ、撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽はエデュアルド・アルテミエフが担当。出演はジェームズ・ベルーシー、ウーピー・ゴールドバーグほか。

「天使が降りたホーム・タウン」のストーリー

空想家で頭の少し弱いホーマー・ランザ(ジェームズ・ベルーシー)は、父親が癌にかかっていることを聞き、ひとり暮らしをしているアリゾナから、両親の住むオレゴンまで旅をすることになった。ところがヒッチハイクで強盗にあい、無一文になったホーマーは、スクラップ場に止めてあった車で一晩を過ごそうとしているところを黒人女性のエディ(ウーピー・ゴールドバーグ)に見とがめられる。エディはホーマーが金を奪われたことを知るや、彼と共に犯人を追いかけることにするが、実は彼女もホーマーの金が目当てだった。性格も正反対だが、ふたりは不思議と気が合い、時として凶暴になるエディに、ホーマーは誠実に生きるべきだと諭す。しかしエディは、脳の病いに冒され、後1カ月の命であることを彼に打ち明けるのだった。ホーマーはエディのために、彼女の母親のもとに寄り道するが、彼女はすでに他界していた。ふたりはホーマーの実家にたどりつくが、彼の父は2日前に亡くなり、おまけにホーマーは自分が歓迎されない人物であることを知るのだった。その夜、町で友人と再会したホーマーは彼から仕事を得るが、エディはホーマーの誘いを振り切って町を出る決心でいた。ところがそんな時、彼女の頭を頭痛が襲いかかり、薬を買おうと立ち寄ったドラッグ・ストアで、小銭を探す時、誤って拳銃を出してしまう。エディは強盗と勘違いした店員に撃たれ、折から彼女を探してやって来たホーマーの腕の中で息絶えるのだった。

「天使が降りたホーム・タウン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「天使が降りたホーム・タウン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年5月26日
製作会社 ボーマン/キャディ・プロ作品
配給 CFD
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「天使が降りたホーム・タウン」のみんなのレビュー

「天使が降りたホーム・タウン」のレビューを書く

「天使が降りたホーム・タウン」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません


「天使が降りたホーム・タウン」を観ているあなたにおすすめの映画