亭主入用

ていしゅにゅうよう
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

サミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を、クララ・S・ベランジャーが脚色し、ローレンス・C・ウィンドンの監督した人情喜劇で、主役は「エリザベスの教育」そのほかでおなじみのビリー・バーク。相手役は新顔のジェームズ・クレインである。

「亭主入用」のストーリー

アマンダの友達は皆立派な恋人を持ち、その恋人は毎日美しい花束や甘そうなお菓子などを持って訪ねて来るのに、アマンダだけは未だかつてこんな経験がないのである。そこで彼女はその理由を考えてみた。それは彼女が風采に無頓着で年中薄汚いようすをしているため。そこで彼女は美しい着物を買い、美顔術師の元へ行き、運動をして容姿を良くし、見違えるような美人になった。効能神のごとく彼女の周囲は若い男で押すな押すなという騒ぎ。こうなるとさすがの彼女も薬の効きすぎに驚いて、ある英国の貴族と婚約だと言って狼どもを撃退していたが、その仮想恋人としていた男が偶然にも彼女の前に現れたので、いろいろ奇想天外な滑稽が起こるが、結局二人は嬉しい仲となったのである。

「亭主入用」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「亭主入用」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1919
製作会社 パラマウント映画
配給 松竹輸入
レイティング

「亭主入用」のみんなのレビュー

「亭主入用」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。