剣と薔薇

つるぎとばら
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「宝島(1950)」「ロビン・フッド物語」につぐ、ウォルト・ディズニーの劇映画第3作(1953年)で、チャールズ・メイジャーの原作小説をテクニカラーで映画化した時代活劇。製作は「宝島(1950)」のパース・ピアース、監督は「極楽ホテル」のケン・アナキン、脚色は「宝島(1950)」のロウレンス・E・ワトキンが担当。「青い珊瑚礁」のジョフリー・アンスワースが撮影し、「封鎖作戦」のクリフトン・パーカーが作曲し、「エヴェレスト征服」のミュア・マシースンが演奏指揮に当った。主演は「哀愁のモンテカルロ」のリチャード・トッド、「絶壁の彼方」のグリニス・ジョンズで、ジェームズ・ロバートスン・ジャスティス(「愛欲の十字路」)、マイケル・ガフ、ジェーン・バレット(「捕われた心」)、ロザリー・クラッチリーらが助演する。

「剣と薔薇」のストーリー

騎士道華かなりし1515年のロンドン。フィランスから来た選手を迎えて、ヘンリイ8世(ジェームズ・ロバートスン・ジャスティス)臨席の下に英仏対抗レスリング試合が催されたが、英国側は惨敗を喫した。このとき見物人の中から飛入りの名乗りをあげた青年騎士があった。国王のそばにいた勝気な王妹メリイ(グリニス・ジョンズ)は彼に興味を向けたが、まず親友のバッキンガム公爵(マイケル・ガフ)に出場をうながした。公爵がフランス選手に勝ったあと、更に王にすすめて公爵と先ほどの青年騎士と試合をさせた。青年騎士はみごと公爵を破り、こうして彼チャールズ・ブランドン(リチャード・トッド)は近衛兵の隊長に命ぜられた。メリイは全くブランドンに心を惹かれ、祕かに彼女に想いをよせていたバッキンガム公爵は、ブランドンを憎んだ。ヘンリイ8世はかねてからメリイを老いたフランス国王と政略結婚させようとして、彼女の拒絶にあっていた。ブランドンは、メリイと益々親しい仲となったが、彼女の身分をおもって、ひとり海外に行く決意をした。頂度そのとき、フランス王からの使いが到りヘンリイ8世との間に結婚のとりきめがなされた。メリイは激しく拒絶して、ブランドンとともにアメリカへ渡ろうとしたが、忽ち2人は近衛兵に逮捕された。怒ったヘンリイ8世は、ブランドンを死刑に処そうとしたが、メリイはフランス国王との結婚を承諾する交換条件にブランドンの助命を嘆願して、聞きとどけられた。彼女がパリに発ったあと、バッキンガム公爵はブランドンに刺客をさし向け、彼を殺した。フランス国王はメリイと結婚後、間もなく死に、バッキンガム公爵が、メリイを引きとりに来た。公爵は彼女を英国へ送りとどける途中、ブランドンの死を告げて結婚を申し込んだ。そこへ死んだはずのブランドンが突然、姿をあらわした。彼は公爵を閉じこめ、メリイとともにカレー港へ向かった。海岸でブランドンは、追って来た公爵と決闘してうち負かすが、命だけは助けて、メリイとともに英国へ渡った。ヘンリイ8世はブランドンに公爵位を与えて、2人の前途を祝った。

「剣と薔薇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「剣と薔薇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
製作会社 ウォルト・ディズニイ・プロ映画
配給 日本RKOラジオ映画会社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「剣と薔薇」のみんなのレビュー

「剣と薔薇」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません