愛憎の曲

あいぞうのきょく
上映日
1950年2月7日

製作国
アメリカ

上映時間
112分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「花嫁の季節」「愛の勝利(1939)」のベティ・デイヴィスが主演した1946年作品で、「情熱の航路」で共演したポール・ヘンリード及びクロード・レインズが再び顔を合わせ、この3人を同じくアーヴィング・ラパーが監督した。脚本はジョン・コリアーとジョセフ・ザンがルイ・ヴェルヌイユの舞台劇から取材して執筆、撮影には「愛の勝利(1939)」のアーネスト・ホーラーが監督し、音楽は「嵐の青春」のエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが作曲した。

「愛憎の曲」のストーリー

女流ピアニストのクリスチン・ラドクリフは音楽の才よりも美貌に恵まれていた。作曲家であり大指揮者であり、素封家であり、美食家であり、完成された享楽家である紳士アレグザンダー・ホレニアスの愛人として贅沢な生活にクリスチンが安住するようになったのも、彼女が若く美しきが故であった。ところがクリスチンはふと気まぐれに立ち寄った、ささやかな音楽会で、チェロを弾いているカレル・ノヴァクを見た。彼はチェコ人でクリスチンと相知ったのは、ワルツの都ウィーンであった。彼女がピアノに向かい、彼がチェロを弾いて、2人は相と音楽に熱情を傾けたが、ナチの魔手が延びて離れ離れとなった。そしてヨーロッパが戦雲に包まれ、ニューヨークに帰ったクリスチンは愛するノヴァクの死の知らせを受け取った。そのカレルが生きてチェロを弾いている。再会の喜びは結婚へ急速に進展した。2人の結婚祝の日、ホレニアスは演奏旅行から帰った。彼はクリスチンの結婚が気に入らず、ちょっと顔を出すと立ち去った。幾日かの後、彼女が指揮者を訪ねて、カレルを愛している表情を述べると、彼は新作のチェロ協奏曲発表の演奏会に、ノヴァクを独奏者にすると約束した。しかし猛練習を経て、最後の練習演奏をした時、ホレニアスはカレルを叱りつけたので、滅茶滅茶となってしまう。しかし、クリスチンの抗議でホレニアスは、カレル・ノヴァクを独奏しゃとすると確約した。にも拘らずアメリカ人のチェリスト、バートラム・グリブルがホレニアスの協奏曲の練習を始めた。これを知って怒ったクリスチンは、グリブルに身を引けと迫ったが、余りにも烈しい彼女の権幕に感情を害してか、グリブルは何とも返事しない。カレルの独奏はホレニアスの満足を得るに至らぬまま、演奏会の夜は来た。演奏後にホレニアスは夜食の宴を用意し、何事かを策している模様だった。クリスチンはホレニアスが2人の関係をカレルに暴露するつもりだと考え、演奏会直前に彼を訪れ、1弾で彼を射殺した。しかもホレニアスに暴露する意志が全然なかったことを、クリスチンが知ったとき、男は冷い死骸となって横たわっていた。演奏会は成功し、チェリスト、カレル・ノヴァクの将来は批評家によって約束された。それを喜ぶべきクリスチンは悲しい告白をしなければならなかった。しかも彼女がカレルに知らせまいと死物狂いになったことは、全然必要のないことだった。カレルは彼女の過去がどうあろうと、クリスチンの現在あるがままを深く愛しているのだ。このカレルの誠と愛に勇気を得たクリスチンはひとり敢然と自首したのである。

「愛憎の曲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛憎の曲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1946
公開年月日 1950年2月7日
上映時間 112分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 セントラル
レイティング

「愛憎の曲」のみんなのレビュー

「愛憎の曲」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。

「愛憎の曲」を観ているあなたにおすすめの映画