妻(1918)

つま
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フローレンス・リード嬢の久し振りの出演劇で、1918年度のパイオニアー映画、ジョン・M・スタール氏の監督である。深刻な社会劇である。良心の声に導かれ、夫の不信を発表しようか、自分も楽しみを享楽しようかと悩える若い妻、義母の虐待されるのを見て、養父に発砲した可憐な私生児、心には妻を愛しながらも、1度できた壁を超すことができず永い間不満な生活を続けている夫、その3人を廻る数奇な運命が力強く観者に迫る。

みんなのレビュー

「妻(1918)」のレビューを書く

「妻(1918)」のストーリー

富豪ジェームズ・ランドール・エマースンの妻ルシルは結婚式の披露の席で、夫が「最愛の夫ジェームズへ。妻のグレースより」と署名のある1葉の写真を慕しそうに見ているのを見て、一層ここで人々の前に「この男は今まで自分を偽っていた卑劣漢だ」と罵ってやろうか、それとも黙して表面は平和な生活を続けようか、この2つの間に悩えたが、因循にも後者の方を採ったので、その後12年の長い歳月を夫の愛を疑って心淋しい月日を送っていた。一日彼女は無頼漢バッグ・ホウキンスの妻となって虐待されているメリーという憐れな女の病床を見舞い、12年前夫の愛を自分から奪った女グレースの遺児ジミーを養っていることを聞いた。ルシルは自分に対する夫の愛を確めるため、夫の友人ポールを頼み巧みな一計を案じて自分とポールが道ならぬ間であるかの如く装った。その計略は夫の愛を証明した。初めて真に理解しあうことのできたルシルとジェームズはこれからは幸福に成れるだろう。

「妻(1918)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「妻(1918)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1918
製作会社 パイオニアー映画
配給 松竹
レイティング

「妻(1918)」のみんなのレビュー

「妻(1918)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「妻(1918)」を観ているあなたにおすすめの映画