翼のリズム

つばさのりずむ
上映日
1963年11月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

監督は「ボーイハント(1961)」のヘンリー・レヴィン。撮影は「可愛い妖精」のオスワルド・モリス、脚本はウィリアム・ロバーツ、音楽は「ザーレンからの脱出」のリン・マーレイ。製作はアナトール・デ・グランウォルド。出演者は「脱出(1962)」のドロレス・ハート、「ステート・フェア(1962)」のパメラ・ティフィン、舞台のロイス・ネットルトン、男優は「折れた槍」のヒュー・オブライエン、「地獄の罠」のカール・ベーム、「ポリアンナ」のカール・マルデンなど。

「翼のリズム」のストーリー

スチュアーデス駈け出しのキャロル(パメラ・ティフィン)ドナ(ドロレス・ハート)、バーギー(ロイス・ネットルスン)の3人はマグナ航空のパリ行き403便に搭乗。操縦士のレイ(ヒュー・オブライエン)が恋人キャロルとのデートを断ったのは、今は人妻になった昔の愛人カティ(ドーン・アダムス)から、ぜひ会ってと言ってきたからだ。一方ドナは機中で往便のときデートを申し込んだ一等席のハンサムなヨーロッパ人フランツ(カール・ベーム)と再会、彼はパリでの失礼を詫びた。ウィーンで客の降りた後、フランツは密輸品をつめたシガレット・ケースをわざと忘れデートに誘う手紙を添えた。気がつかなかったドナはその後も頼まれてシガレットを運んだが、中のダイヤモンドを発見され、キャロルやバーギーも一緒に捕らえられた。会社の計らいで3人は間もなく仮釈放、空の勤務に就いた。出発間際に刑事が現れ、自首を勧めたドナの通りにフランツから紙切れ「いつまでも君を忘れない。君も……」ドナは彼の愛を信じた。この機の操縦士はレイ、キャロルは上機嫌だった。2人は結婚の約束もできていた。さてバーギーは、この大型旅客機に客が往便で親切にしてくれたテキサス人ルーカス(カール・マルティン)1人、彼女のために買い切ったと知って驚いた。ルーカスはテキサスの大牧場主で彼女がすっかり気に入り結婚の申し込みをOKするまで金の続くかぎり飛び続けるという。バーギーは勿論、承諾した。

「翼のリズム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「翼のリズム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1963年11月28日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「翼のリズム」のみんなのレビュー

「翼のリズム」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。