月蒼くして

つきあおくして THE MOON IS BLUE
製作国
アメリカ

上映時間
95分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「われら自身のもの」などのシナリオを書いている劇作家F・ヒュー・ハーバートの戯曲の映画化で、脚本もハーバート自身が受けもっている。製作と監督には「永遠のアンバー」のオットー・プレミンジャーがあたる。撮影は「恋は青空の下」のアーネスト・ラズロ、音楽はハーシェル・バーク・ギルバート。主演は「第17捕虜収容所」のウィリアム・ホールデン、「銀の靴」のデイヴィッド・ニーヴン、この映画でデビュした新人マギー・マクナマラで、トム・タリー、ドーン・アダムス、フォルチュニオ・ボナノヴァらが助演する。1953年作品。

「月蒼くして」のストーリー

エンパイア・ステート・ビルの展望台で、ドンとパティはパッタリ顔を合わせた。ドンは新進の建築家(ウィリアム・ホールデン)、パティは小柄でピチピチとした一寸ふめる娘(マギー・マクナマラ)。若い2人は忽ち意気投合し、ドンはパティを夕食に誘った。2人はドンの上衣のボタンが1つとれているので、まず、ドンのオフィスに針をさがしに行った。パティはそこで可愛い娘の写真を見つけた。だが針はない。2人はドンのアパートまで行くことになり、パティはドンに1つ条件を出した。恋愛大いに結構、但し情欲は抜きで。ドンは彼女が初心なのか、すれっからしなのか見当がつかない。ドンの部屋につくと、外は急にドシャ降りの雨。そこでパティの手料理で部屋で食事をすることにして、ドンは買物に出かけて行った。それと入れかわりに美人の来訪。パティにはすぐ写真の主シンシア(ドーン・アダムス)だとわかった。シンシアはすぐに去ってしまう。やがて訪れて来たのがドンの階上に住んでいるシンシアの親父デイヴィッド(デイヴィッド・ニーヴン)。彼は一眼パティを見て、気を惹かれ、部屋に入りこんだ。そこへドンが帰って来た。ドンは忽ち不機嫌な顔。ドンはシンシアと喧嘩わかれしたばかりだった。喧嘩の理由は簡単。ドンがシンシアの誘いに手を出さなかったのだ。3人の夕食がはじまった。デイヴィッドは誤ってパティのドレスにケチャップをとばしてしまい、彼女はドンの寝室で着替えをした。その様を、窓の外からシンシアがのぞき見して驚き、自分の部屋に帰って電話でドンに脅して呼び出しをかけた。ドンは仕方なしにパティとデイヴィッドをのこして出て行く。2人きりになると、デイヴィッドはいきなりパティに結婚を申込んだ。だがパティは全然うけつけない。話のはずみでパティがお金が欲しいといい出すと、デイヴィッドは惜し気もなく600ドルくれた。パティはお礼にデイヴィッドに濃厚なキッスをしていると、その現場にドンとシンシアが入ってきた。ドンは大むくれ。パティも悲しくなってドンの寝室で帰り支度をしていると、そこへ不意に見知らぬ男は入って来た。彼はマイケル・オニール、パティの親父である。彼はドンを打ち倒し、パティを連れて出て行った。夜も更けて、またパティはドンのところに戻って来た。そこはデイヴィッドもあらわれる。パティは誤解の種になった金をデイヴィッドにかえして立ち去った。翌日の昼すぎ、パティはまた展望台に来た。そこにはドンも同じ想いでいた。ドンは彼女に求婚した。

「月蒼くして」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「月蒼くして」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
上映時間 95分
製作会社 U・A映画
配給 日本U・A=松竹
レイティング

「月蒼くして」のみんなのレビュー

「月蒼くして」のレビューを書く

「月蒼くして」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「月蒼くして」を観ているあなたにおすすめの映画