追跡(1947)

ついせき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「我等の生涯の最良の年」「打撃王」のテレサ・ライトと新人スタア、ロバート・ミッチャムが主演するミルトン・スパーリングの独立プロ、ユナイテッド・ステーツ・ピクチュアズの1947年作品で「白昼の決闘」「シカゴ」のナイヴン・プッシュが脚本を書きおろし、「高原児」「鉄腕ジム」のラウール・ウォルシュが監督し、「いちごブロンド」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「赤い家」のジュディス・アンダーソン、「西部魂(1941)」のディーン・ジャガー、「高原児」のアラン・ヘール。

「追跡(1947)」のストーリー

1900年、ニュー・メキシコ。孤児のジェブ・ランドはメドラ・コラム夫人に育てられたが、義母の愛を素直に受けることが出来なかった。育ての恩は十分感じているのであるが、彼は何かに追いかけられ狙われている気がして落ち着かないのだった。メドラの実子アダムとソーリーと共に育って来たジェブは、同じ年のソーリーといつか相愛の仲となっていた。米西戦争が起こると、ジェブは自分かアダムかが従事すべきだと言い出し、ソーリーが銀行投げて運命を決した。出征したのはジェブで、名誉の戦傷を負い英雄として帰って来た。そしてまたアダムと争った。銀行投げ勝負で負けた者は、相手が所有する牧場の株を買い取らねばならない。負けたのはまたジェブだったので、彼はディングルの賭博場へ出かける。運よく相当まとまった金をふところに牧場へ帰る途中、待ち伏せしていたアダムと射ち合った。ジェブは相手を倒した。正当防衛で彼は無罪放免とはなったが、ソーリーもメドラもジェブを憎まないでいられなかった。しかしジェブのソーリーに対する愛は変わらず、数ヵ月後彼は結婚を申し込んだ。ソーリーは承諾した。彼女はジェブを殺すつもりだと母に言った通り、結婚の夜ジェブを射殺しようとしたが狙いは外れた。彼女は憎悪より愛の方が強いことを覚った。ソーリーが復讐をあきらめたと知ったメドラの夫グラントは、親族を集めてアダムの復讐を遂げようと計ったので、ジェブはランド牧場へ逃れ、ソーリーも後を追って来た。グラント1族が追った時、ジェブはソーリーに怪我させてはならぬと思い降参した。グラントがジェブを絞り首にしようと準備している時、メドラが乗り込んで来た。ソーリーは母に告げた。グラントのランド1族に対する憎悪は、20年前ジェブの父がメドラと恋仲であった頃に始まっているのだと。グラントがジェブを絞り首にしようとする瞬間、銃声がひびいてグラントは倒れた。不正の裁きをしようとする者をメドラが正しく裁いたのであった。ジェブは縄を解かれ、ソーリーと共に馬を駆って自由の天地へ。

「追跡(1947)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追跡(1947)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1947
製作会社 ウォーナー・ブラザース映画
レイティング

「追跡(1947)」のみんなのレビュー

「追跡(1947)」のレビューを書く

「追跡(1947)」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません