沈黙(1926)

ちんもく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マックス・マーシン氏作の舞台劇を映画かしたもので、ビユウラー・マリー・デイックス女史が脚色し、「東へ向く三つの顔」「オペラの怪人(1925)」等と同じくルパート・ジュリアン氏が監督した。主役は甞て「暁の前1時間」「舞姫ザザ(1923)」等に出演したH・B・ワーナー氏が久方振りで映画界に復帰して演じ「昨日への道」「地楽極楽」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢、「地下鉄サディー」「自動車恋愛」等出演のジャック・マルホール氏が共演するほかレイモンド・ハットン氏、ロクリフ・フエロウズ氏及び甞て「僧正の実玉」に主演したヴァージニア・ペアソン嬢も久々で出演している。

「沈黙(1926)」のストーリー

殺人犯ジム・ウオーレンの死刑執行の時刻は迫った。検事アーサー・ローレンスはジムに向かってハリー・シルヴァースを殺害した理由を尋ねたがジムは沈黙を守った。ジムにとって沈黙は死を意味する。その沈黙の理由は……1904年のこと紳士盗賊ジム・ウオーレンはノーマ・ドレイクと結婚したが幾何もなくして彼は職業の為に家庭を顧みなかった。しかし出産の日が近づいたとの妻の手紙を見たジムは家に帰り正業に就こうと決心した。ところが彼が与えた不正の紙幣を使った為ノーマは共犯と目され捕縛された。ジムは酒場の女将で莫連者のモリー・パークにノーマを救い出してくれと頼んだ。モリーはジムが自分と結婚することを条件としてノーマを救ってやった。しかるにジムに待ちぼうけを食わされたモリーはジムが破約したものと誤解した。その折りモリーを永年恋していたフイル・パワースが求婚したので彼女はフイルと結婚した。断ろうと思ってジムが来るとモリーは復習の為その筋に密告したので捕縛されようとしたが辛くも逃れた。ノーマはフイルが世話をし女児を分娩したのをフイルは我がことして育てた。十数年跡我が子見たさに戻ったジムは妻だったノーマは既に死亡し、娘ノーマが学校を卒業したのを知った。その頃ジムは詐欺師となって村々の祭壇の仕事をしていたが彼の相棒ハリー・シルヴァースはジムがもっていたノーマ・ドレイクの手紙を盗んで、それを種にフイルを恐喝しようとした。ジムは追いかけ、その手紙を取り返しフイルはそれを焼棄した。仕損じた腹立ちまぎれにハリーはノーマに向かってその母の悪口を吐いた。憤激したノーマはジムの拳銃を取るか早いかハリーを射殺した。ジムはノーマとフイルとを急いで部屋の外に出し自ら下手人として手錠を受けた。それはノーマとローレンス検事との結婚の日の出来事だった。ノーマは父が死刑に処せられると知って獄舎を訪れ自分が犯人だと主張したがジムは否定し絞首台に進んだ。刹那に監獄に火災が起こった。ジムは死んだ囚人と衣服を取り替え自由の身となって監獄を去った。

「沈黙(1926)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「沈黙(1926)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 ビー・ディー・シー映画
配給 欧米映画社
レイティング

「沈黙(1926)」のみんなのレビュー

「沈黙(1926)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。