アルプスの悲劇

あるぷすのひげき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつてエリッヒ・フォン・シュトロハイムが製作した「結婚行進曲」の一部で、未だ世に発表されずにいた部分を生かすため新しくパラマウント社が編集の手を加えたもの。従って脚色、監督、出演のシュトロハイムをはじめ、フェイ・レイ、ザス・ピッツ、マシュー・ベッツ、ジョージ・フォーセット、モード・ジョージ、ジョージ・ニコルズ、デール・フラーその他及び撮影のハル・モーア、すべて前記「結婚行進曲」のスタッフ・キャストである。

「アルプスの悲劇」のストーリー

ウィーンでキリスト聖體節の式典が催された時、伯爵フォン・ウィルデリーベ・ラウフェンブルグ(ジョージ・フォーセット)の息子ニッキー(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)は、旅館の娘ミッチー(フェイ・レイ)と知り合い恋に落ちる。この噂が間もなく人々の口の端に上り始めたので、ミッチーの母親は2人の仲を裂こうと苦心する。丁度肉屋のシャニー(マシュー・ベッツ)がミッチーに恋い焦がれていたので、娘を彼に娶せようと母親は腹をきめる。一方ニッキーの両親も息子の情事を阻止するため、また自分たちの晩年を安穏にせんがため、膏薬成金として有名な平民のシュヴァイッセル(ジョージ・ニコルズ)の娘セシリア(ザス・ピッツ)を、多額の持参金と共に嫁に迎えることを決めてしまう。ニッキーを以前から慕っていたセシリアは、大喜び。かくてニッキーは、心ならずもセシリアとの結婚を承諾する。結婚式の日、彼は式場の出口に泣きぬれて立つミッチーの姿を見る。ニッキー夫婦の新婚旅行地は、アルプス山中にあるラウフェンブルグ家の別荘だった。だがミッチーを忘れることの出来ないニッキーは、不具のセシリアが自分に熱愛を捧げていると知ってはいても、それに応えることを両親が許さない。一方ミッチーの母親は、娘を無理矢理シャニーと結婚させようとする。けれどもその結婚式の最中、ミッチーは余りの悲しさから人事不省に陥ってしまう。ミッチーが未だニッキーを愛していることを悟ったシャニーは、ニッキーを殺害しようとアルプス山中に向かう。正気に戻ったミッチーもニッキーの身に危険が迫っていることを知るや、後を追う。シャニーより先に山小屋へ辿りついたミッチーは、ニッキーにすべてを話す。その様子から2人が恋仲であることを知ったセシリアは、シャニーが窓辺に現われニッキーに発砲した時、彼をかばって命を落とす。シャニーも追跡者によって射殺された。事件は片づくが、ミッチーは愛するニッキーに別れを告げ、尼寺に入るのだった。

「アルプスの悲劇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アルプスの悲劇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「アルプスの悲劇」のみんなのレビュー

「アルプスの悲劇」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/27

塚本高史(1982)

キスカム! COME ON,KISS ME AGAIN!

若手監督・松本花奈が贈るロマンティック・コメディ。内気な橋口海はある日、恋人のサヤにフラれた上、勤務先の化粧品会社から子会社への出向を命じられる。ところが、出向先は“キスによって恋人たちのよりを戻す恋愛コンサル”という奇妙な会社で……。出演は「サヨナラまでの30分」の葉山奨之、「アパレル・デザイナー」の堀田茜、「午前0時、キスしに来てよ」の八木アリサ。

いつくしみふかき

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞した人間ドラマ。出生時に父・広志が盗みを働き悪魔の子と言われる進一が教会に駆け込んだところ、同じ教会に身を寄せた広志と互いに親子と知らずに共同生活を始める。劇団チキンハート主宰・遠山雄が知人の実体験の映画化を企画、知人をモデルにした息子の進一を演じている。また、バイプレイヤーとして数々の作品に出演する渡辺いっけいが映画初主演。監督は、初監督短編「ほるもん」が2011年度ショートショートフィルムフェスティバルNEOJAPAN部門に選出され、劇団チキンハート、大山劇団の作・演出家を務める大山晃一郎。第5回新人監督映画祭観客賞、第5回富士湖畔の映画祭作品賞・監督賞・最優秀助演俳優賞ほか多数の映画祭で受賞。
工藤遥(1999)

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。

大コメ騒動

大正7年に富山県の漁師町から広まった米騒動をモチーフにした時代劇。米価高騰に苦しむ主婦たちは、コメの積み出し阻止を試みるも失敗。騒動が地元の新聞に載り、それを見た大阪の新聞社が陳情する主婦たちを女一揆と大きく書き立て、騒動は全国に広まる。「超高速!参勤交代」を手がけた富山県出身の本木克英監督が、日々の暮らしを守ろうとするおかか(女房)たちが声を上げる様子を活写。主演は「白ゆき姫殺人事件」の井上真央。立川志の輔、左時枝、室井滋など富山県出身の俳優が多数揃う。2021年1月1日より富山県先行公開。

NEW今日命日の映画人 10/27

江波杏子(2018)

娼年

性の極限を描いた石田衣良の直木賞候補作を、2016年の舞台に続き松坂桃李主演、「何者」の三浦大輔監督で映画化。ボーイズクラブのオーナー静香に娼夫になるよう誘われるリョウ。女性や恋に興味がなかった彼が、次第に女性の欲望の奥深さに気付いていく。松坂桃李が成長していくリョウを体当たりで演じるほか、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖、「アンチポルノ」の冨手麻妙、「関ケ原」の西岡徳馬らが出演。また、舞台版に続き江波杏子が老女役を演じる。

ぶどうのなみだ

心優しい夫婦が営む湖畔のパンカフェを映しスマッシュヒットを記録した「しあわせのパン」の三島有紀子監督と大泉洋が、再びタッグを組んだハートウォーミング・ドラマ。北海道の中西部にある空知を舞台に、父からぶどうの樹と小麦畑を受け継ぎワイナリーを営む兄弟と不思議な魅力のある女性とが出会い、悔しさや悲しさを噛みしめながら距離を縮めていく。大泉洋は夢破れて地元に戻りワイン作りに励むがうまくいかず苦悩する兄を演じる。そんな兄を複雑な思いで見つめる弟に「ヒミズ」の染谷将太が、彼らのもとにやってくるのびのびとした女性に歌手の安藤裕子が扮している。おいしそうな料理や北海道ならではの風景が作品を彩る。2014年10月4日より、北海道先行公開。

「アルプスの悲劇」を観ているあなたにおすすめの映画