血と砂(1922)

ちとすな
製作国
アメリカ

上映時間
60分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「黙示録の4騎手」の原作者として広く知られるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏の同名の小説を、「黙示録の4騎手」「征服の力」のジューン・メイシス女史が脚色し、「三銃士(1921)」「奇傑ゾロー」「性」のフレッド・ニブロ氏が監督したもの。主演は「シーク」「海のモーラン」「黙示録の4騎手」「征服の力」等に出演した米国第一の人気者ルドルフ・ヴァレンティノ氏で、相手役は「魂の入れ替」「屋上の椿事」出演のライラ・リー嬢と「狂える悪魔」「人生」等出演のニタ・ナルディ嬢である。その他パ社の名悪役ウォルター・ロング氏や「奇傑ゾロ」のジョージ・ベリオラット氏、ロバート・マッキム氏夫人たるドーカス・マシューズ嬢等が共演している。

「血と砂(1922)」のストーリー

ファン・ガラルドはスペインの小村に生まれた貧しい子供であったが、野心に燃え、名闘牛師とならんと志した。地方の闘牛場で数回の成功を重ねた彼は、やがてセヴィルの都に表れた。みるみるうちに花形闘牛士となった彼の前に情熱の女ドナ・ソールが表れる。ファンはたちまちソールの艶姿に魅せられてしまった。ファンにはまだ名声を博しないうちに結婚し、貧しい時を共にした、幼友達の妻カルメンがいたが、彼女との間には深い溝が穿たれた。然しファンの歓楽は瞬く間に過ぎ去った。ソールは直ぐにファンに飽きて彼を棄ててしまった。カルメンも彼を許してはくれなかった。彼は自暴となり、光栄ある闘牛の日に狙いを外して猛牛の角に突かれた。いよいよ最後の時に、妻カルメンは彼を許した。場内からは新しき闘牛師を喝采する声が聞こえてくる。

「血と砂(1922)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「血と砂(1922)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
上映時間 60分
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「血と砂(1922)」のみんなのレビュー

「血と砂(1922)」のレビューを書く