血と砂(1922)

ちとすな
製作国
アメリカ

上映時間
60分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「黙示録の4騎手」の原作者として広く知られるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏の同名の小説を、「黙示録の4騎手」「征服の力」のジューン・メイシス女史が脚色し、「三銃士(1921)」「奇傑ゾロー」「性」のフレッド・ニブロ氏が監督したもの。主演は「シーク」「海のモーラン」「黙示録の4騎手」「征服の力」等に出演した米国第一の人気者ルドルフ・ヴァレンティノ氏で、相手役は「魂の入れ替」「屋上の椿事」出演のライラ・リー嬢と「狂える悪魔」「人生」等出演のニタ・ナルディ嬢である。その他パ社の名悪役ウォルター・ロング氏や「奇傑ゾロ」のジョージ・ベリオラット氏、ロバート・マッキム氏夫人たるドーカス・マシューズ嬢等が共演している。

「血と砂(1922)」のストーリー

ファン・ガラルドはスペインの小村に生まれた貧しい子供であったが、野心に燃え、名闘牛師とならんと志した。地方の闘牛場で数回の成功を重ねた彼は、やがてセヴィルの都に表れた。みるみるうちに花形闘牛士となった彼の前に情熱の女ドナ・ソールが表れる。ファンはたちまちソールの艶姿に魅せられてしまった。ファンにはまだ名声を博しないうちに結婚し、貧しい時を共にした、幼友達の妻カルメンがいたが、彼女との間には深い溝が穿たれた。然しファンの歓楽は瞬く間に過ぎ去った。ソールは直ぐにファンに飽きて彼を棄ててしまった。カルメンも彼を許してはくれなかった。彼は自暴となり、光栄ある闘牛の日に狙いを外して猛牛の角に突かれた。いよいよ最後の時に、妻カルメンは彼を許した。場内からは新しき闘牛師を喝采する声が聞こえてくる。

「血と砂(1922)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「血と砂(1922)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
上映時間 60分
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「血と砂(1922)」のみんなのレビュー

「血と砂(1922)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/23

サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。
サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。

NEW今日命日の映画人 10/23

藤子・F・不二雄(1996)

STAND BY ME ドラえもん2

大ヒットした3DCGアニメ映画「ドラえもん」第2弾。おばあちゃんに会いたくなったのび太は、タイムマシンで過去へ。再会したおばあちゃんから“お嫁さんが見たい”と言われたのび太は、ドラえもんと共に、未来の自分の結婚式を見せようとするが……。監督は前作に続いて、山崎貴と八木竜一のコンビが務める。声の出演は水田わさび、大原めぐみらレギュラー陣に加え、「浅田家!」の妻夫木聡、「いちごの唄」の宮本信子、「架空OL日記」のバカリズムらがゲストで参加する。

映画ドラえもん のび太の新恐竜

藤子・F・不二雄原作のSFアニメ映画シリーズ40作目。『ドラえもん』50周年記念作品。のび太が化石発掘体験で見つけた化石を、ドラえもんのひみつ道具タイムふろしきで元の状態に戻したところ、新種の恐竜の双子が生まれる。のび太は大切に育てるが……。「パロルのみらい島」の今井一暁監督と、プロデューサーや『世界から猫が消えたなら』など小説家としても活動し「映画ドラえもん のび太の宝島」では脚本を手がけた川村元気が、「映画ドラえもん のび太の宝島」以来のコンビを組む。
平幹二朗(2016)

ゲキ×シネ「蒼の乱」

2014年に東京と大阪で上演された劇団☆新感線の舞台『蒼の乱』を、上演時より30分短い“ゲキ×シネオリジナル版”として映像化。愚直で若々しい将門小次郎と、京での運命的な出会いを経て夫婦となった妻・蒼真を主人公に、“将門の乱”を新解釈で描く。出演は「清須会議」の天海祐希、「春を背負って」の松山ケンイチ。

BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版

人気ロックバンド“BUMP OF CHICKEN”が2014年4~7月にかけて実施したライブツアー『WILLPOLIS 2014』の模様を収録したドキュメンタリー。ツアーを追ったドキュメンタリーと、「寄生獣」の山崎貴監督が手掛けた3DGCによるオープニングアニメーションの完全版からなる2部構成。