痴人の愛(1934)

ちじんのあい Of Human Bondage
上映日

製作国
アメリカ

上映時間
82分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「秘密」「永遠に微笑む」のレスリー・ハワードが主演する映画で、「雨」の作者サマセット・モーム作の小説を「人生の行路」「砂上の摩天楼」のレスター・コーエンが脚色し、「砂上の摩天楼」「世界と其の男」のジョン・クロムウェルが監督し「若草物語(1933)」「猟奇島」のヘンリー・ジェラードが撮影した。助演者は「失踪者三万人」「舗道の三人女」のベティ・デイヴィス、「若草物語(1933)」のフランセス・ディー、「狂乱のアメリカ」のケイ・ジョンスン、「肉弾鬼中隊」のレジナルド・デニー及びアラン・ヘール、レジノルド・オウエン、レジナルド・シェフィールド等である。

「痴人の愛(1934)」のストーリー

上品で敏感な学生フィリップ・ケアリーは右足が不自由であった。彼は学校の近くの料理店の給仕女で、下品な利己主義のミルドレッドに不思議な愛着を感じた。彼女は障害者の彼を頭から蔑視したが、彼が小遣銭に不自由しないのを知ると、急に彼を虜にしてしまう。そのためにフィリップは試験に落第し、彼女に結婚を申し込んだが、彼女はそれを拒絶し、下等な外国人ミラーと関係して出奔する。失望したフィリップだったが女流小説家ノラに恋されて幸福な安穏な勉学生活が出来るようになった。ところがミラーはミルドレッドが身重になったと知るや、無情にも打ち捨てて全然顧みない。泣きつかれてフィリップはミルドレッドがお産をし、生まれた赤ん坊を里子にやるまでの面倒を見てやった。ノラは失望してフィリップとは別れてしまった。こうまで親切を呈したが、ミルドレッドはフィリップの同級生グリフィスの情婦となって彼に再び苦杯を嘗めさせた。その後、フィリップは病院で近づきになった近郷の田舎紳士アセルニーの娘サリーと愛し合う仲となるが、彼はミルドレッドの事を考えると、思いきってサリーに結婚を申し込む勇気は無かった。果たして、ミルドレッドがグリフィスに棄てられ、赤ん坊を抱いて路頭に迷っていると知るや、やはり自分の部屋に引き取って世話をしないではいられなかった。ところが些細な口論の結果、3度ミルドレッドは出奔した。しかもフィリップの学資たる公債投書を全て焼き捨てて。このために彼は退学した。その時ジェコブス教授が手術をして彼の不具の足を癒してやった。そしてアセルニー邸に寄食し、百貨店に勤める身となった。またミルドレッドは彼に救いを求めた。赤ん坊は死んでしまい、売笑生活の報いか彼女は肺を病んでいた。フィリップはいくらかの金子を残して帰った。その後叔父の遺産を貰って再度入学した彼はついに大学士となった。そして豪州航路線の船長となり、赴任しようとするとき、ミルドレッドは施療病院で淋しく死んだ。初めて開放された気持ちになったフィリップは船長を勤め、サリーと結婚し晴れやかに人生にスタートしたのである。

「痴人の愛(1934)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「痴人の愛(1934)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
公開年月日
上映時間 82分
配給 日本RKOラジオ社輸入

「痴人の愛(1934)」のみんなのレビュー

「痴人の愛(1934)」のレビューを書く

「痴人の愛(1934)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。