地下街の住人

ちかがいのじゅうにん
上映日
1960年9月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ビート族の代表的作家ジャック・ケルアックの小説「地下街の人々」の映画化。ロバート・トムが脚色し、「山」「命ある限り」などの脚色家ラナルド・マクドゥガルが監督にあたった。彼の4本目の作品。撮影と音楽は「恋の手ほどき(1958)」のジョセフ・ルッテンバーグとアンドレ・プレビンがそれぞれ担当。出演は「恋の手ほどき(1958)」のレスリー・キャロン、「肉体の遺産」の新人ジョージ・ペパードのほか、ジャニス・ルールら。アンドレ・プレビンら多数のジャズ歌手、楽士たちも彼ら自身として出演。製作アーサー・フリード。

「地下街の住人」のストーリー

サンフランシスコ、ノース・ビーチ地区にビートニックのグループが住んでいる。地下室や暗いアパートが根城であるところから”地下の住人たち”と言われる。若い作家レオ・パーセピード(ジョージ・ペパード)は、夜の街頭で、突然この若い陽気なグループと仲間になった。古めかしい文句を云う母親と暮らすのはもういやだった。レオは間もなく仲間の少女マードゥ(レスリー・キャロン)に心をひかれた。2人は愛し合い、未来の生活を夢見たが悲惨な過去をもつ彼女は独占的な愛情でレオを悩ませた。言い争う日がつづいた。レオが画家でバレリーナのロクサーン「ジャニス・ルール」に会ったのはこんな時だった。放心したように踊り狂うその姿に、レオは、魅入られたように進み出た。我に帰った彼女は自分と踊っているレオの姿を見ると、狂気のようにとび出した。素顔は若く美しかった。2人は一夜を過ごした。マードゥのもとに帰ったレオは、マードゥの日頃の非を責めた。裏切られたと絶望してとび出したマードゥを、町の伝道師ホスキンズが暖かく迎えた。翌朝、レオが目覚めると、マードゥはいなかった。仲間のユリから昨夜の自分たちの激しいやりとりを聞いたレオは、後悔した。マードゥは戻らなかった。レオに会ってからロクサーンは立ち直った。ボヘミアンの世界と別れて、世間のまともな生活に入った。マードゥが舞い戻った。再び言い争う2人に、ユリは忠告すると、仲間たちと街頭へ流れ出た。レオはマードゥが新しい生命を宿したことを知り、彼女との真の生活に入ろうと決心した。

「地下街の住人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地下街の住人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年9月23日
製作会社 MGM映画(アーサー・フリード・プロ)
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「地下街の住人」のみんなのレビュー

「地下街の住人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。