チーチ&チョン スモーキング作戦

ちーちあんどちょんすもーきんぐさくせん
上映日
1984年4月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

バンド結成の資金稼ぎのために、マリファナ探しをする2人組が繰りひろげる珍騒動を描く。アメリカで大人気のトミー・チョンとチーチ・マリンのコンビ第1作。音楽プロデューサーとして有名なルー・アドラーと、ルー・ロンバードが製作。アドラーが監督、ロンバルドが編集の監修を担当している。脚本・音楽・主演はチーチ&チョン、撮影はジーン・ポリト。共演はストロザー・マーティン、イーディ・アダムス、トム・スケリット、ステイシー・キーチなど。パナビジョンで撮影。日本版字幕は宍戸正。メトロカラー、シネスコサイズ。1978年作品。

「チーチ&チョン スモーキング作戦」のストーリー

口髭をはやしたベドロ(チーチ・マリン)は音楽好きな中年。家では子供がうるさいので、思い余ってポンコツ車で家出した。一方、父親(ストロザー・マーティン)からどなられ通しのオトコ(トミー・チョン)も家出し、まんまとペドロの車に乗り込む。2人とも音楽とマリファナが大好き。朦朧となっているところをつかまり、裁判所へ。なんとか弁明して釈放された二人は、ロックバンドを結成するための資金稼ぎにマリファナを探そうと旅を続ける。ベドロのいとこストロベリー(トム・スケリット)がいいマリファナを持っているというので、彼のところへ行きマリファナをねだると、ストロベリーはOKする。マリファナ密輸団の摘発に躍起の警察は、ステデンコ警部(ステイシー・キーチ)を頭に刑事たちが捜査に当っていた。ベドロとオトコは考えた末にメキシコに行くことにし、メキシコ人を送り返す移民局のバスに便乗する。ティファナでベドロの叔父さんが、室内装飾の店をやっている。帰国の際に使う車を借りようと、叔父さんに電話したら、叔父さんの言った住所があやふやで、2人は別の店に行ってしまう。ところがこの店がマリファナ密輸団の本拠で、2人を運び屋と間違えた一味はエンジン以外は大量の加エマリファナで出来たバンを渡してしまう。国境の前でオトコが喫っていたマリファナを窓から捨てたら、それが尼さんたちの乗っていた車に入り、彼女らが密輸団と間違えられて検挙されてしまった。難なく国境を通過した2人は、ちょっと変わったジェードとボインのデビーを同乗させる。彼女たちから、LAのナイトクラブ(ロキシー劇場)でパンクロック・マラソンが開催されることを聞いた二人は、自分たちも参加しようと思い立つ。途中彼女たちが友人からマリファナをもらうと言い出す。その友人とは警察の事務員グロリアで、彼女は摘発されたマリファナを横流ししていたのだ。飛び入りで出場した2人。始めは罵声を浴びていたが、外に停めておいたマリファナ車に煙草の火が引火し、燃え出してマリファナの煙が会場に入って来て、観客はみなラリってしまう。かくして、歌っていたペドロとオトコは一躍スターとなった。(東映クラシック配給*一時間二七分)

「チーチ&チョン スモーキング作戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「チーチ&チョン スモーキング作戦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1984年4月21日
製作会社 ルー・アドラー・プロ作品
配給 東映クラシック
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「チーチ&チョン スモーキング作戦」のみんなのレビュー

「チーチ&チョン スモーキング作戦」のレビューを書く

「チーチ&チョン スモーキング作戦」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。