チウインガム行進曲

ちういんがむこうしんきょく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「レビューのパリっ子」「ラヴ・パレイド」に次ぐモーリス・シュヴァリエ氏の主演映画でジョージ・ミドルトン氏及びA・E・トーマス氏合作の舞台劇から「河宿の夜」「喝采」のギャレット・フォート氏及びロバート・プレスネル氏が撮影台本を書き、「河宿の夜」「虎御前」のホバート・ヘンリー氏が監督したもの。「屠殺者(1930)」「壁の穴(1929)」のクローデット・コルベール嬢、ジョージ・バービア氏、マリオン・バルー夫人、アンドレ・コルデー氏、フランク・A・リヨン氏その他が助演、キャメラは「喝采」「ココナッツ」のジョージ・フォルシーが担任している。

「チウインガム行進曲」のストーリー

ピエル・ミランドはフランス名家の子孫であったが家が貧乏してしまったので働かなければ喰ってゆけなくなった。そこで彼は案内者となって米国の金持ビリングス母娘のお供をしヴェニスに赴いた。ピエルはその旅行中ビリングスの令嬢バーバラと恋に陥ちたが娘の父親及び彼女に結婚を申込んでいるロニーはピエルを財産目当ての求婚者だときめてしまった。そのため2人はピエルを計略を用いて追払おうと考えた。丁度ビリングスはニューヨークでチウインガム工場を経営しているので彼はピエルを雇いたいと言い出す。大いに喜んでその申出を承諾したピエルは彼等とともに米国へ渡る。だが喜び勇んで行ったことは行ったもののピエルは毎日煤けた下宿から工場まで毎日てくてく通わねばならず受け持たされた仕事というのはビリングスの計らいから最も骨の折れる仕事でしかも3人ぶりを1人でやらせられるのであった。けれども令嬢バーバラに励まされ米国に於ける成功の秘訣を教えられたピエルは、いと愉快そうに仕事をし下宿屋にいる時でも暇さえあれば面白い唄をうたって人々を喜ばせた。そして遂に頑固な下宿の女将や女中のジェニーからまで人気を博すようになった。その後、ピエルはバーバラの催した宴会に招待をうけた時、仕事の疲れから不覚にも寝てしまった。機会を狙っていたロニーはこれを以てピエルに愛情がない証拠だとバーバラに告げ彼女を悲感させた。或る日、販売店の方を担任しているパットに招かれたピエルが店で一杯やっていると酒壜が突然倒れて見本用のチウインガムがラム酒に浸されてしまった。このためピエルは馘となった。だが酒漬となったチウインガムを口に入れた瞬間彼は素晴らしいことを思いついた。彼は工場長の所へ駈けつけてその新しい思い付きを話した。「酒の風味を備えしかも酒精分絶対抜きのチウインガム」!ピエルは忽ち以前に勝る位地を與えられた。だがその忙しさでバーバラを顧る暇がなかった。この新発売の宣伝に当り彼はかつてヴェニスでバーバラのために唄った歌を用いた。誤解していたバーバラはこれを自分への侮辱だとしてロニーと結婚する旨を公表した。それを聞いて初めて気が付いたピエルはバーバラを誘拐し快速船に拉し去った。かくて彼はクリーヴランドへの商用と新婚旅行とを兼ねて出帆したのであった。

「チウインガム行進曲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「チウインガム行進曲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「チウインガム行進曲」のみんなのレビュー

「チウインガム行進曲」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません