チェーンヒート

ちぇーんひーと
上映日
1983年10月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

女子刑務所を舞台に、囚人同士の反目、麻薬密売、囚人をレイプする看守などを揄く典型的な女囚もの。82年秋に公開された女囚もの。The Concrete Jungle(『コンクリート・ジャングル』の題で83年5月30日にTBS系で放送。867号のTVムービー評を参照)に引きつづいてビリー・ファインが西独のヒートGBR/TATフィルム/インターコンチネンタル・フィルムのために製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはエルネスト・フォン・テウマーとルイス・パチオッコ。監督はポール・ニコラス。脚本はポール・ニコラスとヴィンセント・モンゴルが執筆。撮影はマック・アールバーグ、音楽はジョゼフ・コンラン。出演はリンダ・ブレア、シビル・ダニング、タマラ・ドブソン、ジョン・ヴァーノン、ヘンリー・シルヴァ、ステラ・スティーヴンスなど。

「チェーンヒート」のストーリー

女子刑務所。男性看守が独房に入って来て、服を脱ぎ出した。女囚はピストルをつきつけて脱走をはかるが、他の看守に射ち殺される。彼女の手にしていたのは玩具のピストルだった。新しい囚人たちが刑務所に送り込まれてくる。売春婦、殺人犯、麻薬患者、そして男娼までまぎれ込んでいた。その中の1人、キャロル・ヘンダーソン(リンダ・ブレア)は自動車で人を轢き殺し、懲役18カ月を宣告されていた。一方、大きなバブル・バスにエキゾティクなインテリアといった奇妙な刑務所長室では、バックマン所長(ジョン・ヴァーン)がビデオカメラで、女囚デビーの裸体を撮影していた。所長は自分の麻薬密売組織の他に、もう一つの組織があるらしいと確信し、それを探れとデビーに命じる。所長室を出た彼女は、どこからともなく聞えてくる「タレコミ屋」という文句におびえて走り、通路に張られていたピアノ線で喉を切って死亡。所長は怒って、看守長のテイラー(ステラ・スティーヴンス)を監視不行き届きで責めた。実はテイラーこそ、搬入業者レスター(ヘンリー・シルヴァ)と組んで麻薬密売をやっているのだった。彼らの手足となっているのが、女囚のボス的存在であるエリカ(シビル・ダニング)。彼女は新入りのキャロルに近づくが、同じ新入りのヴァルがかばってくれた。所長はキャロルをうまく手なづけて、デビーの代わりにスパイをやらせようとする。エリカと反目する黒人囚のボス、ダッチェス(タマラ・ドブソン)。黒人囚の1人が白人囚たちに剃刀で切りつけられたことが原因で死ぬという事件が発生。ある夜、キャロルはヴァルたちとともに刑務所の外に連れ出され、レスターが彼女らを売春婦としてあるパーティに送り出した。客のマーティンは彼女を犯そうとして、言うことを聞かぬ彼女に銃を向ける。その騒ぎを聞きつけたレスターにキャロルはなぐられ、再び刑務所に連れもどされた。キャロルは便所でスパイダーの死体を発見。黒人囚を襲った犯人が彼女だと、キャロルが言ったので、早速、黒人囚側が復讐したのだった。驚いたキャロルは、所長室へ駆け込み今日のことをぶちまける。バックマンはレスターのことを聞き出すと、抵抗するキャロルを強姦した。ヴァルとキャロルはバックマンのビデオ・テープを入手しようと企む。ヴァルが所長に近づき、二人はバブル・バスに入る。水中ファックに夢中の所長をテイラーとブーツ看守が溺死させる。そして、ヴァルをブーツが警棒で殺し、その罪を邪魔になったエリカになすりつける。所長の死をうまく事故死と取り繕ったテイラーは、監察官のコーフマン夫人から所長代理に任命された。キャロルは囚人たちに「暴動を起こそう、新しい公正な所長が来たら、環境も改善されるだろう」と呼びかける。みんなも同意し、暴動が始まった。ダッチェスはエリカを独房から救出し、反目していた二人は協力することに。キャロルはテイラーが所長を殺したシーンを撮ったテープを発見、それを取りもどそうとしたテイラーと争い、結局、テイラーは刑務所の壁からおちて死亡。レスターも暴動を鎮圧に来た保安官に逮捕された。

「チェーンヒート」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「チェーンヒート」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1983年10月15日
製作会社 ビリー・ファイン・プロ作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「チェーンヒート」のみんなのレビュー

「チェーンヒート」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「チェーンヒート」を観ているあなたにおすすめの映画