断絶

だんぜつ
上映日
1972年10月28日

製作国
アメリカ

上映時間
102分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

車に乗ってアメリカ中を渡り歩く3人のストリート・レーサーたちの愛と孤独を描く。製作はマイケル・S・ラーフリン、監督・編集はアメリカ映画を初めて手がけるイギリス人のモンテ・ヘルマン。ウィル・コリーの原案をルディ・ワーリッツァーとウィル・コリーが脚本化した。撮影はジャック・デールソン、音楽はビリー・ジェームズが各々担当。出演はジェームズ・テイラー、ウォーレン・オーツ、ローリー・バード、デニス・ウィルソンなど。

みんなのレビュー

「断絶」のレビューを書く

「断絶」のストーリー

深夜の路上レースで、うまいこと賭け金をせしめたドライバー(ジェームズ・テイラー)と相棒の整備工(デニス・ウィルソン)は、ロサンゼルスを飛びだし、フリーウェイを南東にとばした。止まるのは食事と、燃料補給の時だけだった。フラダスタフを出た所で、昼食をとるために車をおりた。そして再び戻ると、後部座席に見たことのない娘(ローリー・バード)が乗っていた。お互い何もいわないまま、車は再び猛然と走りだした。サンタフェに着いてから、彼らに競争を仕掛ける田舎者のカモを探すためにストリートを物色した。次の日、一行は単調なハイウェイで明るいオレンジ色のポンティアGTOに眼をとめた。運転している男は、ただGTO(ウォーレン・オーツ)としか名のらない。成り行き上、2台の車が対決することになった。大陸横断レースをして、勝った方が、負けた方の車をいただくという寸法だ。ゴールはワシントンD.C.である。2車線のアスファルト道路を、2台の車が猛スピードでとばす。時には助けあったりすることもあったが、その心底には、つねに相手を出し抜こうという意図が秘められていた。レースを続けながら、彼らはニュー・メキシコを通り、オクラホマ、アーカンソー、そしてテネシーにやってきた。その間も彼らは各地で短距離レースをやり、連勝していた。メンフィスのレース場で、ドライバーと整備工が出番を待っている間にGTOは意気揚々と出発した。車には娘を乗せていた。彼の狙いは最初から娘だったのかも知れない。次のドライブインでGTOに追いつくことができたが、娘の方が3人の男たちに愛想をつかして、どこへともなくオートバイの青年と一緒に立ち去った。GTOはヒッチハイカーを乗せ、方向を東に向けて車を走らせた。ドライバーと整備工は、次の町の次の賭けレース場へと車を走らせた。事故で命を落とさない限り、彼らはいつまでも車を走らせ続けるに違いない。

「断絶」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「断絶」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年10月28日
上映時間 102分
製作会社 マイケル・S・ラーフリン・プロ作品
配給 CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「断絶」のみんなのレビュー

「断絶」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。