男子の愛

だんしのあい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フォックス社入社後のウィリアム・ラッセル映画で、ハロルド・タイタスのBruce of Circle Aなる小説をジョセフ・アンソニー・ローチが脚色し、監督は「西部の荒武者」と同様エメット・J・フリンである。相手役は「太陽児」そのほか出演のヘレン・ファーガソンである。

「男子の愛」のストーリー

牧童のブルース・ベーヤードは酒飲みのネッド・リトンをどうにか改心させてネッドの妻アンにも安心させようと種々苦心していた。アンもブルースを頼りとして夫を善導すべく努めたが、これがかえって夫の誤解を招きネッドは両人の仲に疑惑を挟むようになった。そして彼女を苦しめるために彼はアンをかつて己れが他人から盗み奪ったある鉱山へ連れて来た。ブルースは兼々この鉱山へネッドを寄越さぬようにとアンにまで注意を与えていたほど、ネッドにとってはこの鉱山は危険な場所なのであった。それはかつてネッドのために鉱山を奪われた男の息子たるベニー・リンチが常に親の仇敵として彼ネッドを狙っているからで、果たせるかな、ブルースが急を知って駆けつけた時にすでにベニーのために彼は殺されていた。独り淋しく遺ったアンの慰安者は誰か。

「男子の愛」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男子の愛」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 フォックス映画
配給 松竹輸入
レイティング

「男子の愛」のみんなのレビュー

「男子の愛」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「男子の愛」を観ているあなたにおすすめの映画