男子改造

だんしかいぞう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジェームズ・クルーズが「駅馬車(1925)」「ホリウッド」に続いて監督製作した作品で、原作はハリー・レオン・ウィルソンの小説及び舞台劇に基づいたもの。ウィルスンはアメリカ著名の劇作家で、ウィルスンの「活動のマートン」は数年間舞台上で大当たりをとり、パラマウントが近く映画化する事に決定している。この映画の主役はパラマウントの俳優として初お目見えのエドワード・ホートン、「幌馬車」のアーネスト・トーレンスとロイス・ウィルソンの3人で、その他「ふるさとの家」出演のフリッツィ・リッジウェイ、「一時間六十仙」等出演のチャールズ・オーグル等老巧なところも大勢出演している。

「男子改造」のストーリー

太平洋岸の西北部にレッド・ギャップという小さな町があった。物語はまだ西部の開けない殺伐未開の時代に起こる。この町では、やっと人々も落ち着いて、町らしい町になりかかっていた。エフィー夫人の夫なるカズン・エグバートは、しかし今までどおりの無骨者で、エフィーの思うように、1日や2日では紳士には成れぬと考えていた。エフィーは夫に礼儀という磨きをかけようと、ヨーロッパへ連れていって、イギリスの紳士の下男ラッグルスを雇った。レッド・ギャップへ帰って来て、エグバートはラッグルスを大佐として人々に紹介した。町の新聞はラッグルス大佐歓迎の記事をデカデカに書いた。ラッグルスは一躍町の人気ものになる。ラッグルスの前の主人ジョージ・ベイジングウェルはこの町へ来る途中汽車の中でケートという娘に会って恋に陥った。ケートの父はクロンダイクで酒場を経営して大金を儲けたという人物なので、これを知ったラッグルスは早速ジョージの兄なるブリンステッド伯爵に電報を打ってこの事を報告し、レッドギャップへ来て2人の結婚を止めてくれと頼んでやった。ラッグルスはこの間にエミリーという娘と恋を楽しんでいた。伯爵は電報によってこの町へ来たが、ケートに自分が恋してしまった。かくして、伯爵とケート、ラッグルスとエミリーの2組の結婚が、盛大に催されることとなった。

「男子改造」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男子改造」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「男子改造」のみんなのレビュー

「男子改造」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。