弾丸か投票か

だんがんかとうひょうか
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「俺は善人だ」「バーバリー・コースト」のエドワード・G・ロビンソンが主演する映画で、「特高警察」の原作者マーティン・ムーニーーと「Gメン」「シスコ・キッド(1935)」の脚色社シートン・I・ミラーが協力で書き下ろしミラーが脚色、「Gメン」「特高警察」のウィリアム・ケリーが監督にあたり、「真夏の夜の夢」「海賊ブラッド」のハル・モーアが撮影した。助演は「泥酔夢」「舗道の三人女」のジョーン・ブロンデルを始め、「ギャングの家」「Gメン」のバートン・マクシーン、「化石の森」のハムフリー・ボガード、「真夏の夜の夢」のフランク・マクヒュー、「シスコ・キッド(1935)」のジョセフ・キング、ジョージ・E・ストーンおよびジョセフ・クレハン、リチャード・パーセル、ヘンリー・オニール等の面々である。

「弾丸か投票か」のストーリー

ジョニー・ブレークはニューヨーク警察の敏腕刑事で暗黒街で最も恐れられている男であったが、一寸した失態で左遷された。しかし親友マクラレンが警察部長になれば復職させてもらえるだろうとナイトクラブを経営している恋人のリー・モーガンとともに至極楽観していた。ところがマクラレンは部長になったが、ブレークはかえって免職されてしまった。これを怒った彼は拳闘試合を見物しているマクラレンを衆人環視の中で殴り倒した。それを見たギャングの親分アル・クルーガーは留置所に叩き込まれたブレークを救って味方に引き入れた。相棒のフェンナーはこれに反対したが、聞き入れられなかった。ブレークがギャングの仲間に入ったことを聞いて彼の友人も恋人のリーも彼を罵った。ある時ブレークは警官と喧嘩して留置所に叩き込まれた。すると彼はそこでマクラレンに逢い、「ギャングを操る。政治屋の巨頭は未だ突き止められない。それを知るのはクルーガーのみだ」と報告する。彼は政治屋の正体を突き止めるためギャングの仲間に入っていたのである。ブレークが釈放されると間もなくフェンナーは除名されたことを恨んでクルーガーを射殺した。ブレークはフェンナーを押さえて一味を牛耳り、リーの経営する店を無理矢理自分たちの手に収め、一味の信望を集めるようになった。彼の勢力が大きくなると政治屋が連絡を取りはじめた。こうして正体を突き止めたブレークはマクラレンとともに密かに準備を終え、ギャングの巣窟を襲いさらに政治屋の検挙に着手した。折しもフェンナーはブレークが警察のスパイであることを知り、リーに教えられた隠れ家を襲って狙撃した。ブレークは重傷にも屈せずフェンナーを倒し、駆けつけて誤解を謝るリーに笑って別れ、ともすれば倒れんとする身を鞭打って政治屋の集まっている銀行に向かった。秘密の通路を彼が奥へ進んだときマクラレンの率いる警察隊は行動を開始し、一網打尽に捕縛した。凱歌の叫びを聞きつつブレークはフェンナーに抱かれて息絶える。

「弾丸か投票か」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「弾丸か投票か」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ワーナー支社輸入
レイティング

「弾丸か投票か」のみんなのレビュー

「弾丸か投票か」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「弾丸か投票か」を観ているあなたにおすすめの映画