誰よりも素敵なジム

だれよりもすてきなじむ
上映日
1981年5月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フットボールに狂っている弟思いの若者の家庭内、学校内での悩みを描く青春映画。製作総指揮はドン・コスカレリとS・T・コスカレリ、製作は「ファンタズム」の監督ドン・コスカレリ。彼とクレイグ・ミッチェルの共同監督で、これはコスカレリのデビュー作。撮影はレックスフォード・メッツ、ドン・コスカレリ、クレイグ・ミッチェル、音楽はフレッド・マイロー、編集はJ・テリー・ウィリアムス、ドン・コスカレリ、クレイグ・ミッチェル、美術はフィル・バーバー、フィル・ニール、E・G・カルマン、ジェームズ・カッチが各々担当。出演はグレゴリー・ハリソン、ロビー・ウォルコット、ロリー・ガイ、マリア・ペンニントン、カレン・マクレインなど。

「誰よりも素敵なジム」のストーリー

学生のジム(グレゴリー・ハリソン)は、いつも、フットボールと弟のケリー(ロビー・ウォルコット)のことしか考えていない。学校の成績は、あまり芳しくなく、女の子たちへの態度もどちらかというと自信がない。しかし、フットボールの花形選手ということで、女の子にはけっこうモテる。母親はとうに死に、酒ぐせの悪い乱暴者の父(ロリー・ガイ)と3人で暮らしている。乱暴者の父親はジムには何もしないが時々、ケリーを殴る。ある朝、ジムは、ケリーの泣き声で目をさます。また父親の仕業だ。父親がケリーをこれ程までに憎んでいるのには理由があった。ケリーは、彼の実の子供ではないのだ。つまりジムとは異父兄弟という関係に当たる。あまりにケリーにつらくあたる父親を、ジムは遂に追い出した。ある日、アルバイト先から家に帰ったジムは、浴室で血だらけになっているケリーを見つけた。そしてケリーは死んだ。父親が殺したことは明白だった。ジムは父親を探しあてると、彼を殴りのめした。ひとり公園に行ったジムは、そこでケリーと同じ年ごろの少年と仲よくなり共に遊ぶ。そして再会を約束して、その少年に別れを告げるのだった。

「誰よりも素敵なジム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「誰よりも素敵なジム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1981年5月13日
製作会社 ニュー・ブリード・プロ作品
配給 ぴあ提供
レイティング
カラー/サイズ カラー

「誰よりも素敵なジム」のみんなのレビュー

「誰よりも素敵なジム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。

「誰よりも素敵なジム」を観ているあなたにおすすめの映画