ダリル

だりる
上映日
1986年2月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

こつ然と現れた天才少年の活躍と謎、少年を追う組織の暗躍を描くSF。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ヘイマン、共同製作はバート・ハリスとガブリエル・ケリー。監督はオーストラリア出身で本邦初登場のサイモン・ウィンサー。脚本はデイヴィッド・アンブローズ、アラン・スコット、ジェフリー・エリス、撮影はフランク・ワッツ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はバレット・オリヴァー、メアリー・ベス・ハート、マイケル・マッキーン、キャスリン・ウォーカー、コリーン・キャンプなど。

みんなのレビュー

「ダリル」のレビューを書く

「ダリル」のストーリー

ヘリに追われ、1台の車が崖下に転落した。その直前に、1人の少年が車より脱出。名はダリル(パレット・オリヴァー)、10歳。過去の記憶を失った彼は谷間の町バトチントンの役所に勤務するハーウィ(スティーヴ・ライアン)に保護され、身元が判明するまで、建築技師アンディ(マイケル・マッキーン)とジョイス(メアリー・ベス・ハート)の夫婦にあずけられた。子供のいない夫婦は大喜びでダリルをむか・冬ダリルにはすぐに友達が出来る。そして、彼は学校ではバツグンの成績を示し、コンピュータ・ゲームには強く、野球の試合ではホームランをかっとばす、スーパー少年ぶりを発揮した。この試合の新聞記事がのって間もなく、ダリルの本当の両親という男女がやってきた。どこか、うさんくさい2人だが、ダリルはアンディ夫婦や、親友のタートル少年(ダニー・コーキル)に別れをつげる。ジェット機に乗り、ダリルがつれてこられた所は、暖かい家庭ではなく、厳重に警備されたタスコム研究所であった。実は、ダリルの両親と名のったのは、ジェフリー(ジョセフ・ソマー)とエレン(カスリン・ウォーカー)というコンピュータ専門の科学者だ。そこには、ペンタゴンから派遣されたグレイクリフ将軍(ロン・フレイジャー)が待ちうけていた。ダリルはペンタゴンが開発したアンドロイドで、Darylとは、D.A.R.Y.L.つまりData Analyzing Robot Youth Lifeform(データ分析ロボット少年生命体)の略だったのだ。一人前の人間と同じ感情を持ち始めたダリルをペンタゴンは抹殺しようとしていたのであった。ジェフリーとエレンはダリルを抹殺したと見せかけた。そしてジェフリーは彼を車に隠して脱出、ダリルをジェット機で逃亡させる。ダリルの操縦するジェット機は間もなくミサイルに撃ついされ、ペンタゴンは彼が死んだものと判断。一方、ダリルは湖に落ち、タートル少年たちに助けられ、平凡な少年としてアンディ夫婦と共に平和な生活を始めるのだった。

「ダリル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダリル」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986年2月22日
製作会社 ジョン・ヘイマン=バート・ハリス・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ダリル」のみんなのレビュー

「ダリル」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません