ダリル

だりる
上映日
1986年2月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

こつ然と現れた天才少年の活躍と謎、少年を追う組織の暗躍を描くSF。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ヘイマン、共同製作はバート・ハリスとガブリエル・ケリー。監督はオーストラリア出身で本邦初登場のサイモン・ウィンサー。脚本はデイヴィッド・アンブローズ、アラン・スコット、ジェフリー・エリス、撮影はフランク・ワッツ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はバレット・オリヴァー、メアリー・ベス・ハート、マイケル・マッキーン、キャスリン・ウォーカー、コリーン・キャンプなど。

みんなのレビュー

「ダリル」のレビューを書く

「ダリル」のストーリー

ヘリに追われ、1台の車が崖下に転落した。その直前に、1人の少年が車より脱出。名はダリル(パレット・オリヴァー)、10歳。過去の記憶を失った彼は谷間の町バトチントンの役所に勤務するハーウィ(スティーヴ・ライアン)に保護され、身元が判明するまで、建築技師アンディ(マイケル・マッキーン)とジョイス(メアリー・ベス・ハート)の夫婦にあずけられた。子供のいない夫婦は大喜びでダリルをむか・冬ダリルにはすぐに友達が出来る。そして、彼は学校ではバツグンの成績を示し、コンピュータ・ゲームには強く、野球の試合ではホームランをかっとばす、スーパー少年ぶりを発揮した。この試合の新聞記事がのって間もなく、ダリルの本当の両親という男女がやってきた。どこか、うさんくさい2人だが、ダリルはアンディ夫婦や、親友のタートル少年(ダニー・コーキル)に別れをつげる。ジェット機に乗り、ダリルがつれてこられた所は、暖かい家庭ではなく、厳重に警備されたタスコム研究所であった。実は、ダリルの両親と名のったのは、ジェフリー(ジョセフ・ソマー)とエレン(カスリン・ウォーカー)というコンピュータ専門の科学者だ。そこには、ペンタゴンから派遣されたグレイクリフ将軍(ロン・フレイジャー)が待ちうけていた。ダリルはペンタゴンが開発したアンドロイドで、Darylとは、D.A.R.Y.L.つまりData Analyzing Robot Youth Lifeform(データ分析ロボット少年生命体)の略だったのだ。一人前の人間と同じ感情を持ち始めたダリルをペンタゴンは抹殺しようとしていたのであった。ジェフリーとエレンはダリルを抹殺したと見せかけた。そしてジェフリーは彼を車に隠して脱出、ダリルをジェット機で逃亡させる。ダリルの操縦するジェット機は間もなくミサイルに撃ついされ、ペンタゴンは彼が死んだものと判断。一方、ダリルは湖に落ち、タートル少年たちに助けられ、平凡な少年としてアンディ夫婦と共に平和な生活を始めるのだった。

「ダリル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダリル」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986年2月22日
製作会社 ジョン・ヘイマン=バート・ハリス・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ダリル」のみんなのレビュー

「ダリル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません