ダラスの熱い日

だらすのあついひ Executive Action
上映日
1974年1月19日

製作国
アメリカ

上映時間
91分

ジャンル
社会派

ここが見どころ

多くの謎に満ちたジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件にメスを入れ、当時のドキュメンタリー・フィルムを挿入しながら真実をさぐる。製作は「ホースメン」のエドワード・ルイス、監督は「ニューマンという男」のデイヴィッド・ミラー。マーク・レーンとドナルド・フリード共著の原作を「ジョニーは戦場へ行った」のダルトン・トランボが脚本化。撮影はロバート・ステッドマン、音楽はランディ・エデルマン、ドキュメントフィルム編集はアイヴァン・ドライアーが各々担当。出演はバート・ランカスター、ロバート・ライアン、ウィル・ギア、ギルバート・グリーン、ジョン・アンダーソン、コルビー・チェスター、ウォルター・ブルック、ジェームス・マッコール、オスカー・オンシティ、ジョン・ブラッシアなど。

「ダラスの熱い日」のストーリー

1963年6月、コロラド州レッドロックスの谷まで4人の男達がライフル銃の狙撃実験をしていた。彼らは元CIA(米・中央情報局)高官ジェームス・ファーリントン(バート・ランカスター)から暗殺を依頼され、そのための予備実験をしていたのだが、その内容は知らされていなかった。同じ日バージニア州ベンナにある元軍人ロバート・フォスター(ロバート・ライアン)の邸宅では、4人の男達によって会議が開かれていた。メンバーはフォスター、ファーリントン、テキサスの石油王、ハワード・ファーガソン(ウィル・ギア)そして右翼の退役将校ウィリアム・ハリディ(ジョン・アンダーソン)である。1963年初頭、米・第35代大統領ジョン・F・ケネディは、東南アジアからの米軍撤兵、ソ連との核実験禁止条約の締結、共産主義社会との緊張緩和外交、石油消費制限令、防衛費の削減、人種差別撤廃運動などの進歩的な政策を推進していた。フォスターを始めとする4人は、これらのケネディ政策がアメリカの未来に重大な危機をもたらすとの結論を下し、大統領暗殺を実行しようとしていたのだ。ファーリントンはただちに暗殺グループの首領テクニシャンに暗殺を正式に依頼した。同時に綿密な計画が練られ、暗殺をカムフラージュするために、この暗殺は政治的陰謀によるものでなく、1人の政治的狂信者によって行なわれたという印象を与えるために囮りを使うことにした。多くの候補の中から1人の囮りが浮び上がった。リー・ハーベイ・オズワルド--元海兵隊員。ロシア修得後ソ連に渡り、2年間過ごした。表向きは社会主義者を装っていたが、実はFBI(連邦検察局)の下級スパイだった。フォスターは、オズワルドの”左翼の顔”を”極右の顔”にデッチあげるための状況を設置した。9月13日、ダラスの全ての新聞が、”大統領、当地に4度めの遊説”を大々的に報じた。9月25日、大統領一行がモンタナ州ビリングをパレードしたとき、暗殺グループの実地訓練が行なわれ、大成功を納めた。ファーリントンがらテクニシャンのもとへ決行日の暗殺文が届いたのは、ちょうど”ベトナムより全ての米軍撤兵”というケネディ声明に世間が騒然としているときだった。一方、暗殺本部では決行日の通信の撹乱、ライフルマンの位置、オズワルドを犯人に仕立て上げるための確乎たる証拠づくりが検討されていた。フォーリントンはオズワルドそっくりの男(ジェームス・マッコール)を雇い、オズワルドの奇行を印象づけるために行動させていた。11月22日--ダラスを包む柔らかな光は平和そのものだった。人々は、アメリカに輝かしい未来をもたらしてくれる男をひと目見ようと、パレード・コースの沿道を埋めた。アメリカの、そして全世界の歴史に悲劇的なプロローグをもたらす決定的な瞬間が、数時間後に迫っていることも知らずに…。その頃、3人の殺し屋が断定の位置についた。その3人が結ぶ三角形ラインの真ん中に大統領の車が入った。午後1時30分--銃口が火を吹いた。大統領の後ろ首に血が滲み、数秒後、2発目が隣のコナリー州知事の背中をぶち抜いた。さらに致命弾が大統領の前頭部へ…。オズワルドは計画通り逮捕されたが、2日後、暗殺計画本部より仕向けられたジャック・ルビー(オスカー・オンシティ)によって射殺された。

「ダラスの熱い日」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダラスの熱い日」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年1月19日
上映時間 91分
製作会社 ナショナル・ゼネラル・ピクチャアズ作品
配給 ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「ダラスの熱い日」のみんなのレビュー

「ダラスの熱い日」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。