ダニー・ケイの新兵さん

だにーけいのしんぺいさん Up in Arms
上映日
1955年3月17日

製作国
アメリカ

上映時間
106分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「ホワイト・クリスマス」のダニー・ケイのデビュ作品で「ダニー・ケイの牛乳屋」のサミュエル・ゴールドウィンが1943年に製作したニュージカル喜劇である。「天国と地獄」のドン・ハートマン、「世紀の女王」のアレン・ボレツ、「王家の谷」のロバート・ピロッシュ共同の脚本から「我輩は新入生」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「アロウヘッド」のレイ・レナハンが撮影、「スタア誕生(1954)」のレイ・ハインドーフが音楽をそれぞれ担当した。ダニー・ケイのほか「こぐま物語」のダイナ・ショア、「黒い絨毯」のダナ・アンドリュース、コンスタンス・ダウリング、「第八ジェット戦闘機隊」のルイス・カルハーンらが出演。

「ダニー・ケイの新兵さん」のストーリー

太平洋戦たけなわの1943年。ニューヨーク市の徴兵委員会は、体中がいろいろの病気にかかっていると信じこんでいる奇妙な男ダニー・ウィームズ(ダニー・ケイ)の召集を決定した。ダニーは親友のジョー(ダナ・アンドリュース)とアパートに同居しており2人は看護婦のヴァージニア(ダイナ・ショア)とメアリー(コンスタンス・ダウリング)と親しくしていたが、メアリーとジョーが親しいのを知らず、ダニーはメアリーを秘かに思っていた。召集決定で悲観するダニーを見て、ジョーは身代わりになろうと委員会に交渉に行ったが、彼もすでに召集が決定しており、こうして2人は仲好く入隊、数カ月の訓練後、ダニーは曲がりなりにも新兵さんとなった。この隊に中尉が2人赴任して来たが、何とこれはヴァージニアとメアリーなのであった。ダニーの隊にもいよいよ出動命令が下り、メアリーだけが残ることになってダニーは悲観したが、出帆間際ひょんなことからメアリーも乗船してしまい、ダニーとジョーは彼女を匿うために大苦労、あげくの果てに連隊長に発見され、ダニーは営倉入りとなった。だが、ヴァージニアの助け船で釈放された。ある日、乱暴な連中にからかわれ、ノサれて気絶したダニーが幻想の中をさまよって気づいたときは狂人として南の小島の営倉に入れられていた。そして営倉から抜け出して行方不明を伝えられたが、敵軍と遭遇して大手柄を立て、意気揚々と帰って来た。

「ダニー・ケイの新兵さん」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダニー・ケイの新兵さん」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1943
公開年月日 1955年3月17日
上映時間 106分
製作会社 S・ゴールドウィン映画
配給 大映
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「ダニー・ケイの新兵さん」のみんなのレビュー

「ダニー・ケイの新兵さん」のレビューを書く

「ダニー・ケイの新兵さん」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません


「ダニー・ケイの新兵さん」を観ているあなたにおすすめの映画