アルカトラズからの脱出

あるかとらずからのだっしゅつ Escape from Alcatraz
上映日
1979年12月15日

製作国
アメリカ

上映時間
108分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

サンフランシスコ湾内にあるアルカトラズ島を舞台にそこの刑務所からの脱走を試みた3人の男の成功までのプロセスを実話に基づいて描く。製作総指揮はロバート・デイリー、監督は「テレフォン」のドン・シーゲル。J・キャンベル・ブルースの実録小説を基にリチャード・タッグルが脚色。撮影はブルース・サーティーズ、音楽はジェリー・フィールディング、編集はフェリス・ウェブスター、製作デザインはアレン・スミスが各々担当。出演はクリント・イーストウッド、パトリック・マクグーハン、ロバーツ・ブロッサム、ジャック・チボー、フレッド・ウォード、ポール・ベンジャミン、ラリー・ハンキン、ブルース・M・フィッシャー、フランク・ロンチオなど。

「アルカトラズからの脱出」のストーリー

1960年1月18日の深夜、l人の囚人フランク・モーリス(クリント・イーストウッド)が、アルカトラズ島刑務所へ護送されてきた。彼は、米国各州の刑務所で何度か脱走を企て、あげくに脱走不可能といわれるこの刑務所に送り込まれたのだ。問題囚ばかりが収容されているこの刑務所は、冷酷な所長ウォーデン(パトリック・マクグーハン)の下で厳重な警備体制がとられていた。この警備の裏をかいて脱出が成功しても、行手にはサンフランシスコ湾が横たわっている。潮の流れが早く、冷水のため、泳ぎきるのは不可能に近い。知能指数のきわめて高い新入りモーリスは、特に所長に目をつけられ、部屋に呼ばれて警告を受ける。その後、所長のデスクからツメ切りが一個消えているのに気づく者はいなかった。食堂でまずモーリスが言葉をかわしたのは、ネズミをペットにしているノトマス(フランク・ロンチオ)という年配の囚人。図書館の係員をしている黒人のイングリッシュ(ポール・ベンジャミン)や絵を描くのが趣味だというドク(ロバーツ・ブロッサム)とも親しくなった。しかし、敵にまわった囚人もいた。ウルフ(ブルース・M・フィッシャー)といい、彼とは殴り合いの乱闘騒動まで起こし、一番つらいD棟の独房に2人とも放り込まれてしまう。もとの独房に戻ってきたモーリスは、隣りに入ってきたチャーリー(ラリー・ハンキン)という話好きの男と知り合う。ある日、モーリスは、食堂で見知った顔と出会った。別の刑務所でいっしょだったアングリン兄弟(フレッド・ウォードとジャック・チボー)で、彼らも何度も脱走を試みたためアルカトラズに送られてきたのだ。それまで、秘かに脱走計画をたてていたモーリスは、2人の顔を見ていよいよ実行に移す決心を固めていた。3人にチャーリーが加わって脱走計画がスタートした。例のツメ切りや、食堂から盗んだスプーンを使い屋上へ出る穴を掘り、海へ逃げるというものだ。数ヵ月に及ぶ彼らの努力が着々と進められていった。D棟に監禁されていたウルフが戻ってきたため、再び狙われ始めたモーリスは、そのために決行を予定より1日早めることにした。遅れをとったチャーリーだけは失敗したが3人は屋上への抜け道を順調に進んでいった。翌朝、看守がモーリスの房で発見したのは替玉人形と壁の穴だけだった。脱走した3人の行方は誰にもわかることはない。溺死体も発見されはしなかった。それ以後、アルカトラズ島の刑務所は永久に閉鎖された。

「アルカトラズからの脱出」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アルカトラズからの脱出」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1979年12月15日
上映時間 108分
製作会社 マルバソ・カンパニー/シーゲル・フィルム作品
配給 パラマウント映画=CIC
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アルカトラズからの脱出」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません