脱獄囚(1956)

だつごくしゅう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フランスの探偵小説家として有名なジョルジュ・シメノンが書いた『ビンの底』の映画化。「恐怖の土曜日」のシドニー・ボームか脚色、「スピードに命を賭ける男」のヘンリー・ハサウェイが監督。製作は「慕情」のバディ・アドラー、音楽は「美わしき思い出」のリー・ハーライン。主演は「情事の終り」のヴァン・ジョンソン、「北京超特急」のジョセフ・コットン、「遠い国」のルース・ラーマン、助演は「奥様はジャズがお好き」のジャック・カースン、「暴力教室」のマギー・ヘイス、「最後の砦」のブルース・ベネットなど。

「脱獄囚(1956)」のストーリー

メキシコのノガレスの町に近い国境地区に大牧場を持つパトリック・マーティン(ジョセフ・コットン)は弁護士として有名で、ノラ(ルース・ローマン)という妻があった。外見は常に平和に見える家庭にも一寸した椿事が起こる。服役中の弟ドナルド(ヴァン・ジョンソン)がマーティンの前に現われる。ドナルドは酒ぐせが悪く酒場で喧嘩した相手の男を殺して5年の刑に処せられていたのだが、脱獄してきたのだ。公判のとき兄のマーティンは彼のために弁護してやろうとはしなかった。ドナルドは正当防衛であったことを主張したがとりあげられない。ドナルドは服役するが、家に残してきた妻と3人の子供が気になってマーティンを頼ってきたのである。折から国境のサンタ・クルース河の大氾濫のためノガレスの町に入れない。世間態を気にするマーティンはドナルドを何時までもかくまっておくわけにもいかない。彼は弟があることさえ妻のノラに話していなかったのだ。やがて電話連絡でドナルドは妻子の困窮を知り、矢も楯もたまらなくなり、遂に断っていた酒を飲み、妻に送金してくれと哀願した末、マーティンを殴り倒して外へ飛び出した。彼は危うく河に落ちるところを警官に救われ、いったんマーティンの邸に戻って来たが、今度は客の前で狂態を演じ、再び外へとび出して行く。事ここに至ってはマーティンもノラにドナルドのことを隠しておくわけにはいかない、彼は一切をノラに告白し、ノラに説得されてドナルドの家族に送金することを承諾する。間もなく、ドナルドがある酒庫の酒を盗み出し、ピストルを所持しているという情報が入ったので、ハル・ブレッキンリッジは捜査隊を組織し、マーティンにも参加を求めたが、マーティンは拒絶する。だが彼は妻に説伏され、ついに単独でドナルドを探しに出掛け、ある丘の洞穴の中で彼を発見する。そこでマーティンは馬にドナルドを乗せ、やがて国境を流れる激流横断をくわだてる。ドナルドは首尾よくメキシコ側についたがマーティンは河の中流で押し流されようとする。ドナルドは激流に飛び込み、必死の勇を振って兄を助け、再びアメリカ側の岸に泳ぎつく。捜査隊がそこに到着する。その中には2人の仲を気づかうノラもいる。ドナルドは潔く刑期に服することを兄に誓い、マーティンはドナルドが実弟であることを初めて人々にはっきりと言明したのだった。

「脱獄囚(1956)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「脱獄囚(1956)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「脱獄囚(1956)」のみんなのレビュー

「脱獄囚(1956)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。