脱獄(1962)

だつごく
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

エドワード・アビイの小説「勇敢なカウボーイ」を「ガン・ファイター」のダルトン・トランボが脚色、「誰かが狙っている」のデイヴィッド・ミラーが監督した現代西部劇。撮影はフィリップ・H・ラスロップ、音楽はジェリー・ジャーメイン。出演は「非情の町」のカーク・ダグラス、ジョン・キャサベテス監督夫人のジーナ・ローランドのほかウォルター・マッソー、新人マイケル・ケインなど。製作はエドワード・ルイス。

「脱獄(1962)」のストーリー

カウボーイのジャック・バーンズ(カーク・ダグラス)は、愛馬ウィスキーとともに、親友の作家ボンディ(マイケル・ケイン)を救うためニュー・メキシコにやってきた。1953年のことだ。ボンディはバーンズの昔の仲間だったが女流画家のジェリー(ジーナ・ローランズ)と結婚し、子供ができてからは堅気な家庭生活を送っていた。ところが正義漢の彼は、メキシコ難民をアメリカに密入国させてやったために、刑務所に入れられてしまったのだ。バーンズは、自分も刑務所に入って、親友ボンディと共に脱獄する計画をたてた。だが実はバーンズを秘かに愛していたジェリーは、自分を心の中で愛してくれているバーンズが危険を冒すことをとめた。しかしバーンズは、わざと騒ぎをおこして刑務所に入り、ボンディに会った。が、ボンディは脱獄に同意しなかった。堂々と刑を受けるというのだ。しかたなしにバーンズは1人で脱獄、彼は山地に逃れた。保安官ジョンソンは、ジープやヘリコプターなどを使って、彼を追った。逃走を続ける彼は、メキシコ国境にやってきた。あと国道60号をこえればメキシコである。そこで愛馬ウィスキーが、行きかう流星のような自動車のヘッド・ライトにたちすくんでしまい、巨大なトラックにはねられてしまった。重傷を負ったバーンズは、救急車でデューク・シティに運ばれる。それまでバーンズを見たこともない保安官のジョンソンが、バーンズにつきそっていた。

「脱獄(1962)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「脱獄(1962)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1962
製作会社 ジョエル・プロ映画
配給 ユニヴァーサル映画
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「脱獄(1962)」のみんなのレビュー

「脱獄(1962)」のレビューを書く