大列車強盗(1972)

だいれっしゃごうとう
上映日
1973年3月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

列車強盗で奪われた金塊につけられた5万ドルの賞金をめぐって展開する壮烈な金塊争奪戦を描く。製作はジョン・ウェインの息子であるマイケル・ウェイン、脚本・監督は「デザーター」のバート・ケネディ、撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はドミニク・フロンティア、編集はフランク・サンティロが各々担当。出演はジョン・ウェイン、ベン・ジョンソン、アン・マーグレット、ロッド・テイラー、ボビー・ヴィントン、クリストファー・ジョージ、ジェリー・ガトリン、リカルド・モンタルバンなど。

みんなのレビュー

「大列車強盗(1972)」のストーリー

ウエルス・ファーゴがら5万ドルの賞金がでることもあって、レイン(ジョン・ウェイン)は、若くて美しいロウ未亡人(アン・マーグレット)に手をかすことを承知した。夫人と一緒にメキシコの荒野の奥深くにいき、そこに捨てられているボロ機関車に隠されている50万ドル相当の金を取り戻そうというのだ。その金は、今は亡き彼女の夫が、生前に列車から強盗したものだった。レインは危険な旅の応援を頼むために、古い相棒のウイル・ジェシー(ベン・ジョンソン)、グラディ(ロッド・テイラー)、ベン・ヤング(ボビー・ヴィントン)などを集めた。グラディは2人の新顔も連れてきた。カルフーン(クリストファー・ジョージ)にサム・ターナー(ジェリー・ガトリン)だ。一行は武器を積み込み、メキシコに向けて出発した。その日おそく、武装した20人の屈強な男たちがレイン一行の跡をつけて出発した。その中の7人はマット・ロウと一緒に列車強盗をした生き残りで、他の男は雇われガンマンだった。ロウ夫人の跡をつけ、金を見つけ次第、それをかっさらおうというのだ。3日後、大した混乱もなく目的の機関車にたどり着き、50万ドルの金塊を発見した。尾行者たちに気づいたレインは、彼らの攻撃をさそうために、箱をわざと目につきやすい所にほっぽりだした。案の定、一味は攻撃してきたが待ち構えたレインたちは敵10人を倒した。翌日、鉄道駅に着いた一行は、生き残った無法者たちの銃撃をうけた。レイン、ジェシー、グラディの3人が酒場にたてこもり、ベンとサムがロウ夫人をホテルの安全地帯に移す一方、馬に乗ったカルフーンは、ロバに積んだ金を酒場に入れた。レインとグラディは走ってきた貨車に飛び乗って、ダイナマイトを投げつけた。一味は残らず吹っ飛ばされた。次の朝、北に向かう列車に金を積み込んだ一同は、ロウ夫人にしんみりと、賞金は息子さんのために使うようにといった。今にも泣き出しそうな顔で彼女が列車に乗ると、フォームのはしから、葉巻をくわえたナゾの男が姿を現わした。彼は実はウエルス・ファーゴのために働いていたお抱え探偵(リカルド・モンタルパン)だったのだ。彼の話しによると、美しいロウ夫人はとんだ食わせ者だということだった。マット・ロウとは結婚などしていないし、金のあり場所を知っていたのも、売春婦をしていた彼女が、死ぬ前のマットから偶然ききでしたにすぎないというのだ。列車が駅をではじめると、美しさにまどわされ、ロウ夫人にまんまと一杯くわされた自分に腹を立てたレインが、さっそく行動を開始した。レインの後から全員が走る列車に向かって走りだした。

「大列車強盗(1972)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大列車強盗(1972)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年3月17日
製作会社 バド・ジャック・プロ作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「大列車強盗(1972)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。