ダイヤモンド・ヘッド

だいやもんどへっど
上映日
1962年12月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ハワイの農場を舞台に、原住民と白人入植者との葛藤を描いたピーター・ギルマンのベストセラー小説「ダイアモンド・ヘッド」を映画化したもの。脚色はマーゲリット・ロバーツ、監督は「熱砂の海」のガイ・グリーン。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽は「独身アパート」のジョニーウィリアムス、テーマ音楽をヒューゴ・ウィンターハルターが担当している。製作はジェリー・ブレスラー。出演者は「エル・シド」のチャールトン・ヘストン、「レッツ・ゴー物語」のジョージ・チャキリス、「黙示録の四騎士(1961)」のイヴェット・ミミュー、「南太平洋」のフランス・ニューエン、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、ブロードウェイ女優、エリザベス・アレンなど。

「ダイヤモンド・ヘッド」のストーリー

豊沃なカウアイ島は、“キング”とあだ名されるリチャード・ハウランド(チャールトン・ヘストン)の王国でもあった。大きな“H”の頭文字が彼の所有するあらゆる物だけでなくハワイ住民の心の中まで深く刻まれていた。だいぶ前に妻を亡くし、何ものにも打ち克つ自信に満ちて今日を築き上げて来た彼には、2つの夢があった。上院議員に立候補して拡大を計ることと、たった1人の妹スローン(イヴェット・ミミュー)に王国にふさわしい夫を選ぶことだった。けれどアメリカの大学を卒業して帰国した妹が彼の雇人の息子ポール・カハナ(ジェームズ・ダーレン)を愛していると言った時、彼は初めて動揺した。立候補公表と同時に2人の仲を裂こうとポールの母やかつてはスローンを愛していて今は医師となった混血の兄ディーン(ジョージ・チャキリス)に会って結婚阻止を頼んだが、ハウランドとその力を憎悪する彼らが承知するはずがなかった。彼らは密かに囲っている中国系の女メイ・チェン(フランス・ニューエン)の肉体に救いを求めたが、彼女が彼の子を身ごもっていると知ると堕胎を命じた。彼は自分の築いたすべてが崩れていく音を聞いたように思った。ハウウンドを追ってカハナ家に来たメイの弟ボビーはナイフで彼を刺そうとした。止めようとしたポールは刺され、兄が殺したと誤解したスローンは島を去った。障害事件とメイの問題が明るみに出て非難の的となったハウランドは遂にテレビで立候補取消を表明した。酒に溺れたスローンがこの放送を見終わって目を覚ました時、優しいディーンの姿があった。本当はディーンを愛していたのではないか、ポールがあまりに近くにいたため誤解していたのではないか? 彼の愛に支えられて回復したスローンは兄に逆らってメイの遺児を引き取った。ある日農園を訪れたディーンがスローンとの結婚を申し込むと、ハウランドは乗馬鞭で彼を激しく打って、山頂に馬をとばせた。傷心と惨めさに打ちのめされ、気の狂いそうだったハウランドも、蒼い海を見て自分を取り戻そうとし、一切をやり直す気で山を下りた。だがそこには誰もいず、ゆりかごだけがとり残されていた。彼は突如大声で「コヤマ!」と叫んで年老いた日本人の召使とわが子を探しに出かけようとするのだった。

「ダイヤモンド・ヘッド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダイヤモンド・ヘッド」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1962年12月27日
製作会社 ジェリー・ブレスラー・プロ映画
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ダイヤモンド・ヘッド」のみんなのレビュー

「ダイヤモンド・ヘッド」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

「ダイヤモンド・ヘッド」を観ているあなたにおすすめの映画