ダイヤモンド強奪作戦

だいやもんどごうだつさくせん
上映日
1970年2月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

南米のジャングルを舞台に、世界最大のダイヤをめぐって展開するアクション・ドラマ。製作はスタン・マーグリース、監督は「ニューヨーク泥棒結社」のデルバート・マン。アラン・ウィリアムスの原作をチャールズ・ウィリアムズが脚色。撮影はラッセル・メティ、音楽はアーニー・フリーマンが担当。出演は、「グラン・プリ」のジェームズ・ガーナー、「未青年」のエバ・レンツィ、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディ。その他、ナイジェル・グリーン、マイケル・アンサラ、ファブリツィオ・ミオニなど。カラー、テクニスコープ。1968年作品。

「ダイヤモンド強奪作戦」のストーリー

南米へ仕事にやって来た商業写真家のベン・モリス(ジェームズ・ガーナー)は、到着早々、土地の治安官セラヤ大佐(ファブリツィオ・ミオニ)に外国の秘密諜報員に間違えられてしまう。そんな時、ベンがやとったモデルのアリソン(エバ・レンツィ)が、観光会社のオルテガ(マイケル・アンサラ)に付添われてやって来た。一応釈放されたベンはアリソンをつれて別の町へ向かう途中、ひょんなことからライダーバイト(ジョージ・ケネディ)という男と道づれになり、やがて、彼とともにダイヤの埋蔵地を求めて、ジャングルの中へ入って行くことになった。執拗に疑いをもつセラヤ大佐の派遣した警官隊をうまく避けた彼らは、途中、クローリー(ナイジェル・グリーン)という男を仲間に加え、ことごとに争いをくりかえしながら、巨額の富をめざして進んだ。だが、ついにクローリーが裏切り、怒ったライダーバイトが彼を射殺してしまった。その争いで、馬と食料を失った彼らは飢えと渇きに悩まされながら、灼熱の砂漠をさまよった。ついにアリソンが倒れそうになった時、彼らはオルテガたちが、工業用ダイヤを集めるところを目撃した。猛烈な銃撃戦をまじえ、彼らはオルテガを捕らえた。彼は革命運動の首領であったのだ。オルテガはセラヤ大佐に引き渡された。その時、アリソンに求婚して拒絶されたライダーバイトは、工業用ダイヤを積んだまま、ヘリコプターで逃亡してしまった。オルテガを捕らえたセラヤ大佐は、あえてそれを追おうとはしなかった。また、ベンとアリソンは、仲よく町のホテルに引きかえし、新婚用客室があるかどうか、尋ねることにしよう、と話し合っていた。(ユニバーサル配給*1時間44分)

「ダイヤモンド強奪作戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダイヤモンド強奪作戦」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1970年2月14日
製作会社 ユニヴァーサル作品
配給 ユニヴァーサル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「ダイヤモンド強奪作戦」のみんなのレビュー

「ダイヤモンド強奪作戦」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。