第二の妻

だいにのつま
上映日
1951年5月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マーティン・ヴェールの戯曲からトーマス・ジョブが脚色、英国渡来のピーター・ゴッドフリー(「真夏の曲線美」)が監督した1947年映画で、製作は「裸の町」の故マーク・ヘリンジャー。撮影は「夜も昼も」のペヴァレル・マーレー、音楽は「レベッカ」のフランツ・ワックスマンが担当。「サハラ戦車隊」のハンフリー・ボガート、「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、「夜も昼も」のアレクシス・スミスを中心に、「レベッカ」のナイジェル・ブルース、イゾベル・エルソム、パット・オムーアらが助演する。

「第二の妻」のストーリー

アメリカ画家ジョフリー・キャロル(ハンフリー・ボガート)と結婚してスコットランドへ釣に行ったサリー・モートン(バーバラ・スタンウィック)は、ジョフリーにもう一人の妻がいることを知った。彼は離婚中だと話したが、二年たってその妻は死に、サリーとジョフリーは先妻の子ビアトリスとロンドン近くに移り住んだ。そこで二人はサリーの昔の婚約者ペニントン(パット・オムーア)やレイザム夫人(イゾベル・エルスン)その娘セシリー(アレクシス・スミス)と交際ったがやがてジョフリーはセシリーと恋におち、一方サリーは烈しい頭痛に悩まされるようになった。その妻をジョフリーは画に描いたが、彼女はビアトリスから先妻が同じ症状で死んだことを聞き、始めて自分が毎朝夫から与えられるミルクによって毒殺されかかっていることを知った。嵐の夜、夫と二人きりになったサリーは、いよいよ時が来たとペニントンに電話したがかからず、夫は窓から入って彼女におそいかかった。死の一瞬前、彼女はかけつけたペニントンに助けられ、ジョフリーは捕えられた。彼は死に近づく女の姿に感與を感ずる異常神経の芸術家なのであった。

「第二の妻」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第二の妻」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1947
公開年月日 1951年5月29日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 セントラル
レイティング

「第二の妻」のみんなのレビュー

「第二の妻」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「第二の妻」を観ているあなたにおすすめの映画