第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦

だいにじせかいたいせんひわはくばだっかいさくせん
上映日
1964年4月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ポダイスキー大佐の自伝「ウィーンの踊る白馬」をA・J・キャロザーズが脚色、TV監督のアーサー・ヒラーが演出した大戦秘話。撮影はガンサー・アンダース、音楽はポール・スミスが担当。出演は「王家の谷」のロバート・テイラー、「戦塵未だ消えず」のリリー・パルマー、「史上最大の作戦」のクルト・ユルゲンス、エディ・アルバート、TVのジェームズ・フランシスカス、他にジョン・ラーチ、フィリップ・アボットなど。

「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」のストーリー

第2次大戦もドイツの敗色濃い頃、ウィーンのスパニッシュ馬術学校の理事ポダイスキー大佐(ロバート・テイラー)は白馬の高等馬術を守るため、独軍のテルハイム将軍(クルト・ユルゲンス)に会い白馬の疎開を懇願した。ナチ・ドイツに反感を持っていた将軍は許可した。説得に成功して鉄道輸送でサン・マルチンに辿りついた大佐は某伯爵夫人の厩舎に収容、馬術訓練を続けたが、極度の食糧難から馬を盗み、食糧にしようと企てる者が出、その対策に頭を痛めた。刻々と独軍の敗色が伝えられ、戦争の終局における馬の運命を憂いていたが、米軍の先遣部隊が突入し、偵察隊が到着したが、幸いにその中に大佐を理解してくれる将校がいた。そこで大佐は米軍の将軍を説得するため、馬術大会を催すことにした。大会は終わり、米軍の保護下におかれることになった。米連隊は「カウボーイ作戦」と称する連合軍捕虜開放と、牝馬捜索の作戦に出動した。その結果チェコ国境に牝の白馬がいることが判明したが、ソ連に連れ去られる危険があった。米戦車隊はナチ親衛隊の猛烈な抵抗を排除し、国境で数百頭の白馬を狩り集め、あらゆる妨害に備えた武装でサン・マルチンの古城に辿り着いた。2年経った。ウィーンのスパニッシュ馬術学校の記念大馬術大会が催された。大佐とヴェレナ夫人(リリー・パルマー)の顔には生命を賭して闘い抜いた歓びが浮んでいた。

「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1964年4月29日
製作会社 ディズニー・プロ映画
配給 RKO
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」のみんなのレビュー

「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」のレビューを書く


「第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦」を観ているあなたにおすすめの映画