第七天国(1927)

だいななてんごく 7th Heaven
上映日

製作国
アメリカ

上映時間
110分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

オースティン・ストロング氏作の舞台劇を映画化したもので、ベンジャミン・グレイザー氏が脚色し、「なまけもの」「秘密」「待てば海路の日和とか」等と同じくフランク・ポーゼージ氏が監督した。主役は「青鷲」「誉れの一番乗り」出演のジャネット・ゲイナー嬢と「戦艦くろかね号」「決死隊」出演のチャールズ・ファーレリ氏とが演じ、デイヴィッド・バトラー氏、アルバート・グラン氏、グラディス・ブロックウェル嬢、エミイル・ショータール氏、ジョージ・E・ストーン氏等が助演している。

「第七天国(1927)」のストーリー

チコはパリの地下を流れる水道の掃除夫として朝から晩まで碌々日の光りも見ずに惨めな生活を送っている若者の1人だった。彼は自分の素性さえも知らぬ独り者で、友達というのも同じ掃除夫の「溝鼠」とタクシー運転手のプウルだけだった。チコの生涯の目的は下水掃除夫から道路掃除夫に出世して日の光を浴びることだった。そして早くそうなるように彼は神に願ったが少しも効き目が無いので、ついに無神論者となってしまった。しかし彼は自分が偉い男だと信じていた。彼は貧民街の下宿屋の7階の屋根裏部屋に住んでいて、そこを第7の天国と名付けていた。ある日の夕方仕事を終えた彼が下水道の口から首を出すと、1人の可憐な若い女が年高の怖い顔をした女に鞭うたれて倒れていた。チコは大声を出して怒鳴りつけ小雀を荒鷲の手から救ってやった。彼女等は姉妹で姉はナナと呼ばれ妹はディアーヌといった。ナナが妹を虐待した理由は、南洋で巨万の富を掴んで帰国した彼女等の伯父が、姉妹が正しい善良な生活を営んでいるなら世話をしてやるといって、ブリサック大佐とシユヴィヨン師父とを介して交渉したのに、ディアーヌが姉の生活を真面目なものと思えなかったので、伯父の申し出を拒絶したことだった。ナナはそれを口惜しがり怒ってディアーヌを鞭うったのだった。チコはこうしてディアーヌを救った。警官に怪しまれた時も彼は自分の妻だと答えて彼女をかばってやったが、二人は清い関係のままだった。姉に強制されて惨めな生活を送っていたディアーヌには「第7の天国」が本当に天国のように思えた。親切な師父の推薦でチコは道路掃除夫になることが出来た。そして彼はディアーヌが彼を愛していることを自覚し「第7の天国」で2人は結婚式を挙げた。やがて欧州大戦が起こった。召集令状を受け取ったチコは、妻に別れを惜しみ、戦地に在っても毎朝11時にはおまえの許に帰って来ると云って出征した。やがてマルヌの激戦で負傷したチコが遂に名誉の戦死を遂げたという噂がのぼった。ブリサック大佐からの求婚されたディアーヌだが、一縷の望みをかけて夫の帰りを待つと言い張った。しかしチコの戦死が決定的となり、知らせを聞いた彼女は失神してしまう。ディアーヌが目を覚ますと、目の前に亡者となったチコが立っていた。抱き合う二人。第7天国で2つの魂は1つの魂となったのだった。

「第七天国(1927)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第七天国(1927)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
公開年月日
上映時間 110分
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.33
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 無声

「第七天国(1927)」のみんなのレビュー

「第七天国(1927)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。