大突撃

だいとつげき
上映日
1964年10月31日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「地上より永遠に」のジェームズ・ジョーンズが自分の体験を書いた「赤い細い線」を「北京の55日」のバーナード・ゴードンが脚色、「史上最大の作戦」の戦争場面を担当したアンドリュー・マートンが演出した戦争ドラマ。撮影はマニュエル・ベレングアー、音楽は「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが担当した。製作はシドニー・ハーモン。出演はキア・デュリア、「ドノバン珊瑚礁」のジャック・ウォーデン、TVのジェームズ・フィルブルック、レイ・ダレイほか。

みんなのレビュー

「大突撃」のレビューを書く

「大突撃」のストーリー

1942年夏。アメリカはガダルカナル島反撃を開始した。既に島にはアメリカ海兵隊が上陸し、島は米軍の勢力下にはいっていた。しかし残存する日本兵は、反抗をやめなかった。そんなときアメリカで速成訓練を受けたドール1等兵(キア・デュリア)が前線に派遣されてきた。新婚早々のドールは、戦場に対する恐怖で神経が高ぶり、ただ無事に本国へ帰りたいという思いでいっぱいだった。しかし、そんなドールも、相次ぐ凄絶な戦闘のうちに、死に対する恐怖は麻痺していった。そんなある日、中隊は左右の絶壁を利用し、陣地を死守する日本軍を前にした。中隊の再度にわたる突撃は失敗し、部下を失った隊長はこの無謀な突撃命令を拒否した。が、命令は変えられない。責任を感じた曹長ウェルシュ(ジャック・ウォーデン)はドールを連れて断崖にのぼり、岩石を敵の地雷地帯に落とし地雷源を爆破して中隊を前進させた。不意をつかれた日本軍は全滅した。が、中隊の生存者も僅か26名に減った。だが、中隊は、さらに最後の攻撃目標、“ダンシング・エレファント”と呼ばれる絶壁につくられた日本軍陣地に向かった。まともな攻め方では勝てないと感じたドールは敢然として絶壁を登り始めた。味方の援護射撃に助けられて洞窟についたドールは敵の機関銃座を1つ1つ手榴弾で爆破した。勢いづいた中隊は次々と洞窟にはい上り、日本兵を倒した。しかしこの激しい戦いでドールの神経は常人のものではなくなっていた。ドールは敵味方の区別なく機銃を発砲し続けた。が、その時日本兵がドールに銃を向けた。ウェルシュは身をもってドールを庇い銃弾に倒れた。ドールは我にかえって敵をたおした。ウェルシュは息絶えていた。

「大突撃」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大突撃」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964年10月31日
製作会社 セキュリティ・ピクチュアズ=A・C・Eフィルムズ映画
配給 アライド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「大突撃」のみんなのレビュー

「大突撃」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません