第十一号監房の暴動

だいじゅういちごうかんぼうのぼうどう
上映日
1954年6月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作する1954年映画で、リチャード・コリンズの書き下ろし脚本を新人ドン・シーゲルが監督する。撮影は「果てしなき蒼空」のラッセル・ハーラン、音楽は「月蒼くして」のハーシェル・ギルバート。特にスタアは出演させず、「赤い山」のネヴィル・ブランド、「シェーン」のエミイル・メイヤー、「限りなき追跡」のレオ・ゴードン、「ギャングを狙う男」のフランク・フェイレン、「乱暴者」のロバート・オスターロー、「宇宙戦争」のポール・フリーズ、ドン・キーファーらが共演する。

「第十一号監房の暴動」のストーリー

ある州立刑務所のレイノルズ典獄(エミイル・メイヤー)は囚人たちの待遇改善について刑務委員会に進言したが容れられず、ついに第11監房で囚人たちの暴動が勃発した。主導者は頭も腕もいいダン(ネヴィル・ブランド)と乱暴者カーニー(レオ・ゴードン)。彼らは先ず暴力で8人の看手達を人質にとって監房に立てこもった。暴動は他の房へも波状的に拡大し、その極限に達した頃はとうてい看手達では手に負えなくなったので、ついに州警察が出動、催涙ガスで囚人たちを押し戻したが、11房の抵抗はやむことがなかった。レイノルズらは囚人たちと交渉を開始、官吏や記者立ち合いの下に会見がはじまったが、仲間割れした囚人たちは主戦派に監禁される始末である。ダンのつきつけた11ヵ条の改善要求は知事の容れるところとなり、暴動は収まった。が、勝ったと信じたダンを待っていたものは、30年に及ぶ暴動主謀罪の判決であった。

「第十一号監房の暴動」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第十一号監房の暴動」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1954年6月19日
製作会社 アライド・アーチスツ映画
配給 日本A・A=映配
レイティング

「第十一号監房の暴動」のみんなのレビュー

「第十一号監房の暴動」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。