第十一号監房の暴動

だいじゅういちごうかんぼうのぼうどう
上映日
1954年6月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作する1954年映画で、リチャード・コリンズの書き下ろし脚本を新人ドン・シーゲルが監督する。撮影は「果てしなき蒼空」のラッセル・ハーラン、音楽は「月蒼くして」のハーシェル・ギルバート。特にスタアは出演させず、「赤い山」のネヴィル・ブランド、「シェーン」のエミイル・メイヤー、「限りなき追跡」のレオ・ゴードン、「ギャングを狙う男」のフランク・フェイレン、「乱暴者」のロバート・オスターロー、「宇宙戦争」のポール・フリーズ、ドン・キーファーらが共演する。

「第十一号監房の暴動」のストーリー

ある州立刑務所のレイノルズ典獄(エミイル・メイヤー)は囚人たちの待遇改善について刑務委員会に進言したが容れられず、ついに第11監房で囚人たちの暴動が勃発した。主導者は頭も腕もいいダン(ネヴィル・ブランド)と乱暴者カーニー(レオ・ゴードン)。彼らは先ず暴力で8人の看手達を人質にとって監房に立てこもった。暴動は他の房へも波状的に拡大し、その極限に達した頃はとうてい看手達では手に負えなくなったので、ついに州警察が出動、催涙ガスで囚人たちを押し戻したが、11房の抵抗はやむことがなかった。レイノルズらは囚人たちと交渉を開始、官吏や記者立ち合いの下に会見がはじまったが、仲間割れした囚人たちは主戦派に監禁される始末である。ダンのつきつけた11ヵ条の改善要求は知事の容れるところとなり、暴動は収まった。が、勝ったと信じたダンを待っていたものは、30年に及ぶ暴動主謀罪の判決であった。

「第十一号監房の暴動」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第十一号監房の暴動」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1954年6月19日
製作会社 アライド・アーチスツ映画
配給 日本A・A=映配
レイティング

「第十一号監房の暴動」のみんなのレビュー

「第十一号監房の暴動」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。