大進軍(1925)

だいしんぐん The Big Parade
上映日
1927年9月30日

製作国
アメリカ

上映時間
151分

ジャンル
戦争 ドラマ

ここが見どころ

「栄光」「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏が執筆した物語を映画化したもメトロ・ゴールドウイン社超特作品で、ハリー・ベーン氏が脚色し、「腕自慢」「半獣半人の妻」「男子凱旋」等と同じくモング・ヴィイダー氏が監督した。主役は「半獣半人の妻」「男子凱旋」等出演のジョン・ギルバート氏と「愛の黒眼鏡」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレー嬢で、カール・デーン氏、トム・オブライエン氏、ホバート・ボスウオース氏、クレア・マクドウェル嬢、クレア・アダムス嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌が1926年度最優秀映画として推薦して賞碑を与えたもの。ニューヨークに於いて96週間の長期封切り興行を終わって最近に一般に発売された。キネマ旬報外国映画ベスト・テン3位。別邦題「大進軍」。

「大進軍(1925)」のストーリー

欧州大戦に米国参加するに至って、ジム・アバーソンも今までの放縦なる生活を捨てて陸軍に志願する。同じ分隊に落ち合った建築工夫の「ノッポ」と酒場で働いていたプルとそれからジムとの間に新しい温かい友情が生まれる。ジムの分隊はフランスの一村落に宿泊する。そしてその他、滞在中ジムはフランスの百姓娘メリサンドと恋仲となる彼らの恋が熱情を加えて行った時、全軍前進の命令が下る。ジムには婚約者ジヤステインのあることを知ったメリサンドは、思い出の森に初恋の跡を訪ね心ゆくばかりに泣いていたが米兵前進の報を聞いてジムに別れを告げんと駆けつけるィ互いに相手を探す二人はようやく最後の瞬間に会合する。戦線に出たジムとノッポとプルはある夜、砲弾の残した穴に避難している。敵の塹壕から絶えず発せられる撃砲のため米兵は悩まされる。3人の中一人が夜蔭に乗じてこの砲兵を殺すよう命ぜられる。ノッポはある方法によって自らを決死的使命に就かしめる。敵の砲兵を倒し2人のヘルメットを分捕って、無人境を帰ってくる際、彼は敵の砲弾にあえなく最後を遂げる。ノッポの帰りが遅いので心配なジムは死を賭して彼の救助に赴き、ノッポの死骸を発見する。友人を殺した敵軍に対する燃ゆるが如き敵気心にかられ彼は死を求めて敵軍に突撃し脚部に負傷する。赤十字病院に護送されたジムはそのところでメリサンドの家が危険にあることを聞き、重傷をも顧みず病院を抜け出て彼女の家を訪ねて行ったが彼が巡りついた時には村には既に人影もなかった。アメリカに凱旋したジムは彼の婚約してあった恋人が彼の兄と恋仲であることを発見して寧ろ喜ぶ。片脚失ったジムは再び平和に花咲くフランスの野にメリサンドと巡り会う。

「大進軍(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大進軍(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
公開年月日 1927年9月30日
上映時間 151分
製作会社 メトロ・ゴールドウイン映画
配給 ヤマニ洋行
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「大進軍(1925)」のみんなのレビュー

「大進軍(1925)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「大進軍(1925)」を観ているあなたにおすすめの映画