大進軍(1925)

だいしんぐん The Big Parade
上映日
1927年9月30日

製作国
アメリカ

上映時間
151分

ジャンル
戦争 ドラマ

ここが見どころ

「栄光」「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏が執筆した物語を映画化したもメトロ・ゴールドウイン社超特作品で、ハリー・ベーン氏が脚色し、「腕自慢」「半獣半人の妻」「男子凱旋」等と同じくモング・ヴィイダー氏が監督した。主役は「半獣半人の妻」「男子凱旋」等出演のジョン・ギルバート氏と「愛の黒眼鏡」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレー嬢で、カール・デーン氏、トム・オブライエン氏、ホバート・ボスウオース氏、クレア・マクドウェル嬢、クレア・アダムス嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌が1926年度最優秀映画として推薦して賞碑を与えたもの。ニューヨークに於いて96週間の長期封切り興行を終わって最近に一般に発売された。キネマ旬報外国映画ベスト・テン3位。別邦題「大進軍」。

「大進軍(1925)」のストーリー

欧州大戦に米国参加するに至って、ジム・アバーソンも今までの放縦なる生活を捨てて陸軍に志願する。同じ分隊に落ち合った建築工夫の「ノッポ」と酒場で働いていたプルとそれからジムとの間に新しい温かい友情が生まれる。ジムの分隊はフランスの一村落に宿泊する。そしてその他、滞在中ジムはフランスの百姓娘メリサンドと恋仲となる彼らの恋が熱情を加えて行った時、全軍前進の命令が下る。ジムには婚約者ジヤステインのあることを知ったメリサンドは、思い出の森に初恋の跡を訪ね心ゆくばかりに泣いていたが米兵前進の報を聞いてジムに別れを告げんと駆けつけるィ互いに相手を探す二人はようやく最後の瞬間に会合する。戦線に出たジムとノッポとプルはある夜、砲弾の残した穴に避難している。敵の塹壕から絶えず発せられる撃砲のため米兵は悩まされる。3人の中一人が夜蔭に乗じてこの砲兵を殺すよう命ぜられる。ノッポはある方法によって自らを決死的使命に就かしめる。敵の砲兵を倒し2人のヘルメットを分捕って、無人境を帰ってくる際、彼は敵の砲弾にあえなく最後を遂げる。ノッポの帰りが遅いので心配なジムは死を賭して彼の救助に赴き、ノッポの死骸を発見する。友人を殺した敵軍に対する燃ゆるが如き敵気心にかられ彼は死を求めて敵軍に突撃し脚部に負傷する。赤十字病院に護送されたジムはそのところでメリサンドの家が危険にあることを聞き、重傷をも顧みず病院を抜け出て彼女の家を訪ねて行ったが彼が巡りついた時には村には既に人影もなかった。アメリカに凱旋したジムは彼の婚約してあった恋人が彼の兄と恋仲であることを発見して寧ろ喜ぶ。片脚失ったジムは再び平和に花咲くフランスの野にメリサンドと巡り会う。

「大進軍(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大進軍(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
公開年月日 1927年9月30日
上映時間 151分
製作会社 メトロ・ゴールドウイン映画
配給 ヤマニ洋行
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「大進軍(1925)」のみんなのレビュー

「大進軍(1925)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません


「大進軍(1925)」を観ているあなたにおすすめの映画