大自然の雄叫び

だいしぜんのおたけび
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「破竹の勢い」「昇天の意気」等と同じくトム・ミックス氏主演西部劇で、原作はジャクソン・グレゴリイ氏、脚色はウィンダム・ギッテンス氏、監督は前記二映画と同じくジョン・G・ブライストーン氏である。ミックス氏相手役は珍しく「鉄拳制裁」「曲馬団の闘将」等出演のアリス・カルホーン嬢が勤め、ロバート・ケイン氏、ウォルター・ジェームズ氏、カール・デーン氏等が共演している。

「大自然の雄叫び」のストーリー

大自然の児たるマーク・キングはトニーに乗って愛する松の森を駈けていたが、土地不案内の者には危険な山道に乗り入れる2人連れの旅人を見つけたのでその旨を注意したが彼らはマークの忠告に耳を傾けなかった。幾何もなく無謀な娘は断崖から落ちかかって潅木にすがりついて悲鳴を挙げた。連れの男は何等ためす術を知らなかった。マークは危険を冒して彼女を救った。彼女--グロリア・ゲイナーはそれを感謝しマークを彼女の母の小屋に招いた。その夜月明の露台に立った彼女は恋に似た心地をマークに対して抱いた。翌朝彼らは乗馬散策を試みハニイカット爺の小屋に近づくとプロディーという悪漢が爺に金鉱の所在を教えろと拷問していたのでマークは悪漢を追い払った。爺はマークをも始めは疑ったがやがて彼の真意を知って感謝した。その後グロリアが桑港に帰るとマークは非常に寂莫を感じた。プロディーは桑港にいるグラットンの許に幾らかの金を積ませればハニイカット爺は金鉱の秘密を知らせるだろうと告げた。グロリアはグラットンが再び山へ出掛けると聞くと矢も射もたまらず同行する。グラットンは彼女を瞞して彼女の母にはこのことを知らせなかったので娘の不在が分かると母親は騒ぎ出した。グラットンはグロリアには内密で宿張には夫婦と認めた。マークは爺さんから金鉱所在地を教えられたので出掛け、運よくホテルでグラットンの計略に陥って結婚しようとするグロリアを救い、自ら彼女と結婚した。2人は金鉱山に向かったが途中彼女はマークと結婚したのは彼を愛する故でなく自分の名誉を守るためと言ってマークを憤らせた。彼らは金を発見したが後から来たグラットン一味はそれを横取せんとしたので挙闘が始まり、マークは傷つきながらも奮闘して打ち勝った。そしてグロリアの愛をも捷獲した。

「大自然の雄叫び」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大自然の雄叫び」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「大自然の雄叫び」のみんなのレビュー

「大自然の雄叫び」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません