第三の日

だいさんのひ
上映日
1965年11月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

ジョセフ・ヘイズの原作をロバート・ウォールとロバート・プレスネル・ジュニアが共同で脚色、TV「裸の町」のジャック・スマイトが製作・監督したサイコ・サスペンス。撮影はロバート・サーティース、音楽はパーシー・フェイスが担当した。出演は「大いなる野望」のジョージ・ペパード、同じくエリザベス・アシュレー、「史上最大の作戦」のロディ・マクドウォール、「グレート・レース」のアーサー・オコンネル、TV「ベン・ケーシー」のサリー・ケラーマンほか。

「第三の日」のストーリー

スティーヴ(ジョージ・ペパード)はいかがわしい噂のある女ホリーと自動車事故を起こし、記憶を喪失した。彼は貧しい家の出だったが、オースチンの会社に就職したその娘アレクサンドリア(エリザベス・アシュレー)と結婚していた。オースチンは卒中で倒れ、スティーヴが会社の実権を握り、義理の兄弟オリバーの憎しみを買っていた。またアレクサンドリアともうまくいってない。それに彼女は彼の記憶喪失を信じなかった。そのころ、ホリーは病院で死んだ。彼女にはエドワードという夫があり、スティーヴは重役会で再建案を主張して譲らなかった。そして、オースチンは病床から再建の意志を表明した。検事ドム(ハーバート・ウェバー)はホリー殺しの容疑でスティーヴを召喚した。一方、エドワードはアレクサンドリアを「御主人の命が危ない」とだまして連れ出し、その事件を伯母のキャサリンが検事局に知らせた。スティーヴは監禁を逃れて警察の車に便乗、後を追った。検事の車がそれに続く。エドワードはアレクサンドリアに事故を目撃したのは自分だと告白した。彼等に追いついたスティーヴはエドワードに組みつき格闘になった。ついにエドワードはホリーの死は事故によるもので、スティーヴが彼女を助けようと必死になっていた事実を白状した。スティーヴとアレクサンドリアは互いに顔を見合わせ、やがて幸福な思いでになるであろうことを考えあった。

「第三の日」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第三の日」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年11月27日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「第三の日」のみんなのレビュー

「第三の日」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「第三の日」を観ているあなたにおすすめの映画