アリゾナの天地

ありぞなのてんち
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「夢想の楽園」「離婚時代」出演のゲイリー・クーパーの第1回主演西部劇で、リチャード・アレン・ゲイツ作の物語をマリオン・ジャクソンが改作し、ジョン・ストーンとポール・ガンジェリンとが脚色し、「快傑義涙」「森の男(1926)」等と同じくジョン・ウォーターズが監督したもの。相手女優は「怪騎手」出演のベティー・ジュウエルで、ジャック・ドハーティー、エル・ブレンデル、ジョー・バターウォース、ガイ・オリヴァーほか、名馬フラッシユ号が活躍している。

「アリゾナの天地」のストーリー

白馬に跨った1人の青年が飄然と金鉱の中心地ゴールド町に現れた。彼の名はデーヴ・ハーパー(ゲイリー・クーパー)といい、旅から旅へ漂泊い歩く浪人である。彼はこの町で一番美しい娘アン・ウインスロー(ベティー・ジュウエル)に惹きつけられてこの町に足を留めた。その日はあたかも町から巨額の黄金を発送する前日で、町の人々は前祝いに大浮かれをしていた。デーヴはその夜アンと一緒に踊りたいために舞踏会に行ったが、この処でかねがねアンに心を寄せているバック・ハンナ(ジャック・ドハーティー)という馬車屋が何か良からぬことを計画していることに気づいた。ハンナは大金の横領を企てているのであった。翌日アンの父親が仕立てた馬車に大金を積んでテキサス・ジャック(クリスチャン・J・フランク)という悪漢の一味が馬車を襲い金を横取りしようとするのを、そっと跡を尾けていたデーヴが救ったが、かえってバック・ハンナの計略にかかって捕らえられ悪人の1人として町に連れ帰られた。アンと彼女の弟はデーヴを助けて逃がした。ところがハンナが山に隠しておいた金が偶然他人に発見され、ハンナは悪事が露見しそうになったので、アンを捉えて逃亡を企てた。デーヴはそれを知るや直ちに追跡を始め、追いつき大格闘の末に金とアンを取り戻した。

「アリゾナの天地」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アリゾナの天地」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「アリゾナの天地」のみんなのレビュー

「アリゾナの天地」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。