脱線僧正

だっせんそうじょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「晩春」「孤児ダビド物語」のモーリン・オサリヴァン、英国劇界並びに映画界に名あるエドモンド・グウェン、「あめりか祭」のノーマン・フォスターが共演する映画で、フレデリック・ジェクスン作の舞台劇をジョージ・オーアバックが改作し、「ピストルと音楽」のレオン・ゴードンが脚色し、「アトランチック」のE・A・デュポンが監督に当たり、「生活と恋愛」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演者は舞台から来たルシル・ワトソン、「野性の叫び(1935)」のレジナルド・オーウェン、「支那海」のダッドリー・ディグズ、「愛と光」のアーサー・トリーチャー、「ドン・ファン」のメルヴィル・クーパー、「当たって砕けろ」のリリアン・ボンドその他である。

「脱線僧正」のストーリー

世事に疎い老発明家グランサム氏は信用していたガイ・ウォーラーに特許権を横取りされ、そのうえ病の床についていた。娘のヘスターは当然父に属すべき金をウォーラーに請求したが、彼は証拠のないのを楯にとって一笑に付してしまった。万策つきたヘスターは最後の手段として、ウォーラー夫人の高価なダイヤを盗みそれを父の治療費に当てる決心をした。彼女の味方になったのはウォーラーの運転手コリンス、旗亭レッド・ライオンの亭主レッド、それからシカゴから英国漫遊に来た青年ドナルド等だったが、レッドはそのうえ、フレンチという本職の泥棒を1人加える事にした。仕事は計画どうりに運んで、一夜路上でウォーラー夫妻の自動車を止め、うまうま宝石と財布を奪い取った。ところがそこへ大変な邪魔者が現れた。それはブロードミンスター大僧正とその妹のレディ・エメリーだった。大僧正は非常な探偵小説狂で、その結果自分を立派な素人探偵と信じ切っているので、何か怪しい事があるとすぐ第六感を働かせ始めた。それから僧正は次々と鋭い頭でこの怪事件を乱麻を断つごとく裁いていった。そしてついにこの犯罪の動機を知り、ヘスターに同情して特許権の証拠書類がウォーラーの財布の中に隠されている事を突き止め、それを押さえてウォーラーに弁償させようとした。ところが種々手違いがあり、ウォーラーはその書類を焼いてしまったので、今更後へ引かれなくなった大僧正は、自分の聖職を投げ出して社会に発表し謝罪すると宣言した。万事を発表されると困るのはウォーラーで、不正手段で横領した事が暴かれてしまう。彼はついに兜を脱ぎ弁償する気になった。大僧正もこれに懲りて万巻の探偵小説を火中に投じ、ヘスターとドナルドはお互いに愛し合うようになった。

「脱線僧正」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「脱線僧正」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「脱線僧正」のみんなのレビュー

「脱線僧正」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません