短刀と呼ばれる男

どすとよばれるおとこ
上映日
1968年5月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ジェームズ・ピートマンとロバート・S・ウィークリーのオリジナル・シナリオをテレビ畑からのリチャード・ラッシュが監督したスパイ・アクション。撮影はレスリー・コバクス、音楽は「渚にて」のスティーヴ・アレン。彼はタレントとして映画・テレビにも出演している多才な人である。出演は「勇者の街」のテリー・ムーア、テレビ、ナイトクラブなどのコメディアンのジャン・マレイ、「ランダース」のスー・アン・ラングドン、「アパッチ砂漠」のポール・マンティーほか。製作はルイス・M・ホロウィッツ。

「短刀と呼ばれる男」のストーリー

元ナチ科学者のアメリカへの流入が当局の神経を刺激し、秘密探偵のディック・ダガー(ポール・マンティーー)は、その動きを探査中だった。ある日、彼は元ナチ科学者のレイナーを追っていると彼はコッフマン(ジャン・マレイ)の肉類出荷工場へと消えていった。コッフマンは、元ナチ親衛隊大佐で強制収容所の所長をしていた男だ。そして当局は、前々から彼をマークしていた。ダガーはスパイ仲間のハーバー(テリー・ムーア)と接触し、コッフマンの工場を遠くから偵察したが気づかれ、あやうく命を失いそうになった。意を決したダガーはコッフマンの工場に潜入し、彼の情婦イングリッドから情報をひき出そうとしたが失敗。だが思いがけなく、彼女のマッサージ師から意外な情報を手に入れた。というのは、友人のエリカが行方不明だというのだ。そこでダガーはエリカの行方を追い、やっと捕まえることができたが、なんと彼女はコッフマンにすっかり洗脳されており、ダガーを殺そうとさえした。彼女は歯に無電のレシーバーを植えつけてあり、そのレシーバーの命令通り動く人間になっていたのだ。ダガーはコッフマンの工場の秘密部分に潜入したが、多数の敵に、あえなく捕まってしまった。そこへ現れたコッフマン。彼は、自分の意図する世界征服のプランを得々と語り出した。まず各国政府の指導者を誘拐、洗脳し、彼らの歯にレシーバーをはめこんで彼らを思うままに操り、完全に世界を握る。不敵な計画だった。やがてダガーは洗脳室に入れられたが、すきをみて腕時計の殺人光線を使って自由を得た。ダガーの攻撃が始まり、ついにコッフマンと対決。死闘の末ダガーの勝利となった。

「短刀と呼ばれる男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「短刀と呼ばれる男」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年5月24日
製作会社 グローバル・スクリーン
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ カラー

「短刀と呼ばれる男」のみんなのレビュー

「短刀と呼ばれる男」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。

「短刀と呼ばれる男」を観ているあなたにおすすめの映画