アリゾナの決闘

ありぞなのけっとう
上映日
1950年4月25日

製作国
アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「都会の叫び」「荒野の決闘」のヴィクター・マチュアと「死の接吻(1947)」で無名から抜擢されたコリーン・グレイが主演する映画で、アカデミー受賞脚本家チャールズ・G・ブースがデイヴィッド・ガースのストーリーを素材として脚本を書下し、「銀嶺セレナーデ」のハンバーストンが監督し、ハリー・ジャクソンが撮影した1948年作品。助演は新人グレン・ランガン、「妖花」「恐ろしき結婚」のアルバート・デッカー、レジナルド・ガーディナー、フレッド・クラーク、チャールズ・ケンパーなど。

「アリゾナの決闘」のストーリー

1880年頃、銀が出るというアリゾナのファーネス・クリークには、成金を夢見る山師が命がけで来ていた。というのは酋長リトル・ドッグが率いる凶暴なアパッチ・インディアンが、この付近に巣喰って、白人の銀鉱開発を妨害したからである。この砂漠の中の離れ島のようなファーネス・クリークに、救援物資を送る幌馬車隊は、ウォルシュ大尉(レジナルド・ガーディナー)指揮の騎兵隊に護られていたが、ブラックウェル将軍(ロバート・ワーウィック)の命令で、大尉は別の任務についた。護衛なしの幌馬車隊は、アパッチ族に襲われ皆殺しとなったので、ブラックウェル将軍は責任を問われ軍法会議に付された。将軍は護衛騎兵隊に別途命令を出さなかったと誓いながら、心痛のあまり心臓マヒで死んでしまった。家出して身を持ちくずしている息子キャッシュ(ヴィクター・マチュア)は、このことを聞くと父の無罪を確信し、汚名を雪ごうと決意する。ファーネス・クリークの町も、銀鉱も支配するボスのレヴァレット(アルバート・デッカー)を臭いと睨んだキャッシュは、テックス・キャメロンという偽名を名乗り、レヴァレットの用心棒に雇われた。彼は、父をアパッチに殺されたカフェの給仕モリー・バクスター(コリーン・グレイ)と知り合ったが、彼女は同じく新来のルーフ(グレン・ランガン)という男にも恋される。テックスはルーフが6年ぶりで会う弟であることに驚いたが、ルーフが何の目的で来たかを察知したレヴァレットは、その兄とも知らずテックスにルーフを看視させる。アパッチ族襲撃の時以来、悶々としているウォルシュは、やはりレヴァレットに看視されていたのであるが脱出を企てて失敗し、モリーの部屋に逃げ込んで、アパッチ族襲撃の折には、レヴァレットに買収されてブラックウェル将軍の命令を受けたと偽った旨の告白書を書く。一味の者がウォルシュを射殺すると、飛び込んだルーフは告白書を奪ったが、丁度帰って来たモリーは彼を殺害犯人と思う。ルーフ看視役のテックスは告白書を弟から取り上げ、リンチに遭わせないためにルーフを投獄する。彼は告白書の件をモリーに口外するなと頼んだが、誤解されて断わられる。裁判は開かれルーフは死刑の宣告だ。窮したテックスはルーフと共に馬で脱走したが、途中で告白書をルーフに渡し、自らは砦の廃虚に拠って、レヴァレットの部下2名を射殺した。テックスも負傷したがレヴァレットは彼の裏切りを復讐に来たリトル・ドッグの一弾に仆れる。かくてブラックウェル将軍の汚名は兄弟の働きで晴れた。

「アリゾナの決闘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アリゾナの決闘」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1950年4月25日
上映時間 88分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 セントラル
レイティング

「アリゾナの決闘」のみんなのレビュー

「アリゾナの決闘」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。