アリゾナの快男児

ありぞなのかいだんじ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ミックスの曲馬大王」「爆弾ミックス」と同じくトム・ミックス氏主演の活劇で、アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史の原作を、ジョン・ストーン氏が脚色し、「暗黒の楽園」と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したものである。相手役は、「吃驚仰天」出演のドロシー・セバスチャン嬢で、その他、ベン・バード氏、ゴードン・エリオット氏、ミッキー・ムーア君、ヴァージニア・マーシャル嬢など出演している。

「アリゾナの快男児」のストーリー

トム(トム・ミックス)とヴァージニア(ドロシー・セバスチャン)とが悲しい別れを告げたのは今から十数年前のことであった。そしてヴァージニアが東部へ行ってから、2人は互いに何の音信もなく過して来たが、たまたまヴァージニアがアリゾナにいる兄のロイ(ゴードン・エリオット)を訪れたことから、2人は久し振りで再会をしたのであった。やがて2人は恋を語る身とはなったがヴァージニアの伯母はそれに反対して、アッカー(ベン・バード)という東部の紳士と結婚させようとした。その頃、サンタ・バーバラの社交界の話題というのは、アッカーの率いる東部のチームとロイの率いる西部のチームとのポロー大競技であった。試合開始前、ロイはトムの許に應援の電報を打った。トムは早速出かけたが、途中でアッカーの依頼を受けて彼を迎撃する悪漢どもに襲われて、彼もその馬トニーも危地に陥る。が、辛じてトムはそれを脱して、試合場に馳せつけ、西部側の頽勢をもり返して、みごと勝利する。そして又ヴァージニアの愛をも、完全に巳れのものにすることが出来た。

「アリゾナの快男児」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アリゾナの快男児」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「アリゾナの快男児」のみんなのレビュー

「アリゾナの快男児」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。