魂の市場

たましいのいちば
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ドロシー・ダルトン嬢が出演した映画の内ユーコンの侠妓以来の傑作である」とニュース誌は激賞している。ジョン・リンチ氏の原作、ジョセフ・ド・グラス氏の監督した人情劇で、嬢の対手はH・E・ハーバート氏とフィロ・マッカロー氏とである。

「魂の市場」のストーリー

ヘレン・アーメスという若い看護婦は田舎からニューヨークへ出てきて友人のエヴェリンを訪れ、彼女の夫ハーバート及びその友人ライル・バーンと共に繁華な踊場へ行った。ライルは遊蕩者であったが、彼の兄のテンプルは律儀な男であった。ライルは兄に対しヘレンが淫らな女であるかの如く物語ったが、テンプルはこれを信ぜず、兄弟の間には格闘が起こって、テンプルは一時失明する。彼が手術の際看護の任に当たったのはヘレンであった。テンプルは変名している彼女をヘレンと知らず、その親切に心惹かれて結婚を申し込んだ。しかるに手術の結果眼が見えるようになって彼女がヘレンであるのを知り、誤解している彼は彼女を却ける。しかし仏国戦場で名誉の戦死を遂げたライルの霊は、テンプルの誤解を解いた。2人は永久に結合された。

「魂の市場」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「魂の市場」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1919
製作会社 パ社インス映画
配給 日活
レイティング

「魂の市場」のみんなのレビュー

「魂の市場」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません