花の詩女 ゴティックメード

はなのうためごてぃっくめーど
上映日
2012年11月1日

製作国
日本

上映時間
70分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ファイブスター物語」の原作者・永野護が、原作・監督・脚本・絵コンテ・レイアウト・原画を担当したロボットアニメ。小さな惑星の預言者“詩女(うため)”と、彼女を警護する少年の運命を描く。声の出演は「スレイヤーズ」シリーズの川村万梨阿、「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」の佐々木望、「牙狼<GARO> MAKAISENKI」シリーズの折笠愛、「ポケットモンスター」シリーズの大谷育江。
「ファイブスター物語」の原作者・永野護が、原作・監督・脚本・絵コンテ・レイアウト・原画を担当したロボットアニメ。小さな惑星の預言者“詩女(うため)”と、彼女を警護する少年の運命を描く。声の出演は「スレイヤーズ」シリーズの川村万梨阿、「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」の佐々木望、「牙狼<GARO> MAKAISENKI」シリーズの折笠愛、「ポケットモンスター」シリーズの大谷育江。

「花の詩女 ゴティックメード」のストーリー

茜の大地と緑の山々に彩られる小さな惑星、カーマイン・プラネットは、増加する人類の受け皿で、周辺惑星の列強国により資源調達の場所として搾取し続けられていた。そこに暮らす人々の心の支えは、預言者であり人々を導く“詩女(うため)”の存在。その詩女を継ぐことになった少女・ベリン(声:川村万梨阿)は、任地である聖都“ハ・リ”へと旅立つ。だが、その平和な旅の途中、突然、嵐が吹き荒れる。戦艦シワルベの艦隊を引き連れたドナウ帝国のトリハロン皇子(声:佐々木望)が、ベリンの命が狙われているという噂のもと、惑星評議会の命を受け、一行を警護することになったのだ。平和を祈る少女・ベリンと、生まれながらに戦う運命を背負う少年・トリハロン。そんな二人の旅の前途には、暗く大きな雷雲が待ち受けていた……。

「花の詩女 ゴティックメード」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「花の詩女 ゴティックメード」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年11月1日
上映時間 70分
製作会社 オートマチック・フラワーズ・スタジオ=角川書店
配給 角川映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://gothicmade.com/
コピーライト (C) 1984-2012 EDIT co., Ltd All rights reserved

「花の詩女 ゴティックメード」のみんなのレビュー

「花の詩女 ゴティックメード」のレビューを書く