日本の青空

にほんのあおぞら
上映日
2007年3月21日

製作国
日本

上映時間
123分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

日本国憲法誕生の真実を、豪華出演者で描く歴史ドラマ。
日本国憲法誕生の真実を、豪華出演者で描く歴史ドラマ。

「日本の青空」のストーリー

「月刊アトラス」編集部の派遣社員、沙也可(田丸麻紀)は、部数復活をかけた企画「特集・日本国憲法の原点を問う!」で、先輩達が白洲次郎(宍戸開)、ベアテ・シロタ・ゴードン、など著名人の取材を検討する中、沙也可も企画を出すようチャンスを与えられる。そんな折、母(岩本多代)の助言により、沙也可は全く名も知らなかった在野の憲法学者・鈴木安蔵(高橋和也)の取材を進めることになる。安蔵の娘・子(水野久美)と潤子(左時枝)への取材に成功した沙也可は二人の証言から、戦時下での在野の憲法学者としての安蔵の苦労と崇高さを知る。そして沙也可は、子から託された古びた安蔵本人の日記帳を手がかりに、 安蔵を支えた聡明な妻・俊子(藤谷美紀)の存在や、戦後まもなくの日本では民主主義国家の形成に向けて知識人たちがいち早く行動を開始する。 大日本帝国憲法にかわる、真に民主的な新憲法は民間人から生まれてしかるべきだという気運が彼らを取り巻いていた。安蔵はそんな時代の流れの中で高野岩三郎(加藤剛)、森戸辰男(鹿島信哉)、室伏高信(真実一路)、岩淵辰雄(山下洵一郎)、杉森孝次郎(坂部文昭)らと民間の「憲法研究会」を結成する。メンバー唯一の憲法学者である安蔵を中心に、彼らは新しい時代に求められるべき憲法を探るため草案完成に向け論議を重ねて力を尽くす。日本政府によって作成された憲法草案は大日本帝国憲法と基本的には代わり映えしないものでGHQ側にあっさりとはね返された。 対して、「憲法研究会」が熟考を重ね、GHQに提出した草案は、真に民主的なものであると高く評価され、GHQ案に多大な影響を与えることに……。

「日本の青空」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「日本の青空」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007年3月21日
上映時間 123分
製作会社 「日本の青空」製作委員会
配給 有限会社インディーズ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「日本の青空」のみんなのレビュー

「日本の青空」のレビューを書く