菖蒲

しょうぶ TATARAK
上映日
2012年10月20日

製作国
ポーランド

上映時間
87分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヤロスワフ・イワシキエウィッチの同名短編小説を「カティンの森」のアンジェイ・ワイダ監督が映画化。医師の妻と若い男の交流を中心に、撮影中、実際に夫を病死で亡くした主演女優クリスティナ・ヤンダのモノローグ、本作におけるワイダ監督の演出風景を織り交ぜながら、“生と死”をとおして生きることの源泉を描き出す。
ヤロスワフ・イワシキエウィッチの同名短編小説を「カティンの森」のアンジェイ・ワイダ監督が映画化。医師の妻と若い男の交流を中心に、撮影中、実際に夫を病死で亡くした主演女優クリスティナ・ヤンダのモノローグ、本作におけるワイダ監督の演出風景を織り交ぜながら、“生と死”をとおして生きることの源泉を描き出す。

みんなのレビュー

「菖蒲」のレビューを書く

「菖蒲」のストーリー

みずみずしい光を放つ大河を望むポーランドの小都市。長年連れ添ってきた町の医師(ヤン・エングレルト)と妻のマルタ(クリスティナ・ヤンダ)は、ワルシャワ蜂起の際、ふたりの息子を亡くしたことで互いに距離ができてしまっている。そんな中、夫は自身の診断で妻が重篤な病状であることを知るが、妻へは告白できずにいた。春が終わり、夏が訪れようとしていたある日、マルタは川岸のカフェで、美しい青年ボグシ(パヴェウ・シャイダ)を見かける。彼との出会いで、マルタは失ってきたものを反芻しながら、心のざわめきを感じるのだった……。

「菖蒲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「菖蒲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 ポーランド
製作年 2009
公開年月日 2012年10月20日
上映時間 87分
製作会社 Akson Studio
配給 紀伊國屋書店=メダリオンメディア
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 不明
コピーライト (C)映画「菖蒲」All Rights Reserved

「菖蒲」のみんなのレビュー

「菖蒲」のレビューを書く

「菖蒲」の関連作を観る