たび
上映日
1959年2月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「追想」のアナトール・リトヴァク監督が、ジョージ・タボリの脚本によって作りあげたハンガリー動乱を背景とするドラマ。撮影は「戦場にかける橋」のジャック・ヒルドヤードが担当している。出演するのは「カラマゾフの兄弟」のユル・ブリンナー、「悲しみよこんにちは」のデボラ・カー、「奥様ご用心」のアヌーク・エーメ、ロバート・モーリー、カート・カズナー、アン・ジャクソン、ジェイソン・ロバーズ等。製作アナトール・リトヴァク。

みんなのレビュー

「旅」のレビューを書く

「旅」のストーリー

ハンガリーの動乱を避けて、西欧へ向かう最後の航行便は、ブダベスト空港を発てなかった。英人の報道記者ヒュー(ロバート・モーリー)や米人の技師夫妻や日本人の旅行者など14人の一行は軍用バスで国境へ向かうことになった。その中の、フレミングという男とアシュモア夫人(デボラ・カー)の1組は一見、夫婦のように見えたがなんとなく秘密の匂いがした。旅がつづくうち、一行はこの2人に注目させられ、不安になった。もし、この中に動乱と関係のある者がいると、バスはブダベストに送り戻されるかもしれない。やっと、国境の町についた。が、国境警備隊は本部からの越境許可がないと、一行を降し、ジペイジの旅館で待機しろと命じた。警備隊の隊長はスーロフ少佐(ユル・ブリンナー)といった。彼は他のソ連将校と違って、ソ連の介入に疑問を持っていた。なぜなら、この国境では動乱勃発のニュースの詳細は不明だったから。彼はブダベストの状況を知りたがっていたので、一行を下車させたのだ。その上、彼は一目でアシュモア夫人にひかれた。一行の不安は的中し、フレミングは動乱の陰の男とわかった。夫人を利用して国外逃亡をはかったのだ。が、スーロフは気づかぬ様子だった。一行の非難はシュモアに集まった。それを露顕させようとする者もいた。危険を感じた夫人とアシュモアはある夜、ボートでノイズデットル湖を渡り、オーストリー領に向かうが、監視兵に捕り、スーロフの前に引き出された。スーロフはフレミングを除く一行にも出発の許可を与えなかった。動乱への考え方も変っていたし、夫人への慕情の故もあった。しかし結局少佐は、動乱の事情を知り、夫人一行を国境に逃すことで、自らの心に決着をつけた。

「旅」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「旅」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1959年2月11日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ カラー

「旅」のみんなのレビュー

「旅」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません