ルーレットシティ

るーれっとしてぃ Roulette City'
上映日
2012年8月11日

製作国
マカオ シンガポール

上映時間
76分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

シンガポール出身で中国、香港のテレビドラマで活躍した俳優トーマス・リムが、主演・脚本・監督を務め、全編マカオ・ロケで製作したノワール映画。2010年シンガポール国際映画祭、マカオ国際映画祭で上映。出演は、「パープルストーム 紫雨風暴」のキュウ・ポウチョン、2009年度ミス・マカオ出身のエニー・ロイ。

「ルーレットシティ」のストーリー

中国本土出身のタク(トーマス・リム)は叔父のワイ(キュウ・ポウチョン)とともに、病気の母親の手術代を稼ごうとマカオにやって来た。2人は違法カジノで大儲けをするが、ワイは次第に大都会の誘惑に負けていく。ワイがタクの昔の恋人ウィニー(ジョセフィン・チャイ)と関係を持ったことから、タクとワイは喧嘩沙汰になる。タクはワイを殺してしまったと思い込み、マカオの警察官キン(チョン・シーユン)の情報屋となって、警察から逃れ、ウィニーとともにマカオから逃亡しようと考える。キンの信用を得るために彼の妹アマンダ(エニー・ロイ)と友人になったタクは、アマンダの純粋で誠実な性格に惹かれ、恋に落ちる。タクがキンやアマンダと親しくなり、キンがタクの企てを知り始めると、タクの心は揺れ動く……。

「ルーレットシティ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ルーレットシティ」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 マカオ シンガポール
製作年 2011
公開年月日 2012年8月11日
上映時間 76分
製作会社 Island Man Pictures= IMP Producoes
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://roulettecity.islandmanpictures.com/

「ルーレットシティ」のみんなのレビュー

「ルーレットシティ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。